Record China

ヘッドライン:

<南シナ海問題>フィリピンが実効支配も兵士はくつろいだ毎日、「1発の銃弾も必要とせず進駐できる」―中国紙

配信日時:2014年8月1日(金) 17時34分
拡大
31日、フィリピンが実効支配している南シナ海のセカンド・トーマス礁について、中国メディアが「中国は1発の銃弾も必要とせず進駐できる」と報じた。写真はセカンド・トーマス礁の位置。
(1/2枚)

2014年7月31日、環球時報(電子版)によると、フィリピンが実効支配し、中国などとの間で領有権が問題となっている南シナ海のスプラトリー諸島(中国名・南沙諸島)に属するセカンド・トーマス礁(中国名・仁愛礁)について、米CNNニュースウェブサイトは中国船が騒ぎ立てているだけだとする記事を掲載した。

その他の写真

セカンド・トーマス礁は、1999年、フィリピンが海軍の廃棄寸前の揚陸艦を故意に座礁させ、陸戦部隊を常駐させることで実効支配を続けており、一帯は水深が浅いことも加わって、中国船は容易に近づけないとされる。しかし、このほどCNN記者が現地を訪れて行った取材から、座礁艦は錆びだらけになっており、艦内には無数のネズミが住み着き、部隊員たちは食糧を確保するため毎日2回自ら釣りざおを振り、海に潜って魚を取る毎日を送っていることが明らかになった。

CNNの中国に不利な報道に対し、中国の東南アジア問題専門家は「この報道は政治的に偏っている」と話すが、フィリピンの常駐部隊は中国船の侵入を監視してはいるものの、大半の時間はくつろいだ時間を送っている実態が明らかになり、記事は「フィリピンの座礁させた艦が朽ちるのは時間の問題で、兵士たちは撤退せざるを得なくなるだろう。中国は1発の銃弾も必要とせず進駐できる」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

中国との南シナ海領有権争い、国連裁判所の判決が年内に出ることを期待=日本の支援に感謝―フィリピン駐日大使

31日、フィリピンのロペス駐日大使は記者会見し、南シナ海をめぐる領有権問題について、「中国が主張する九段線はそれ自体が曖昧なものであり容認できない」と非難した上で、「国際海洋法裁判所に提訴しており、この判決が年内に出ることを期待している」と語った。

Record China
2014年8月1日 7時3分
続きを読む

フィリピン、中国の南シナ海埋め立てを非難=中国「主権の範囲内」と取り合わず―中国紙

15日、フィリピン外務省は、中国が領有権問題のあるジョンソン南礁(中国名・赤瓜礁)を埋め立てて、滑走路を建設していると非難した。フィリピン外務省は中国に抗議し、先日行われたASEAN首脳会議の非公式会議でも問題を提起した。写真はジョンソン南礁。

Record China
2014年5月16日 9時37分
続きを読む

<南シナ海問題>フィリピン軍とベトナム軍のスポーツ交流イベントは「小細工、下手なドタバタ劇」―中国外交部

9日、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で、南シナ海でフィリピン軍とベトナム軍がスポーツ交流イベントを行ったことを「小細工、下手なドタバタ劇にすぎない」と批判し、両国に挑発的な行為をやめるよう求めた。写真は南沙諸島の東門礁。

Record China
2014年6月10日 22時42分
続きを読む

ランキング