韓国人俳優クォン・サンウが「安重根」役=チャン・イーモウ監督プロデュースの中韓合作映画で―中国メディア

Record China    2014年7月31日(木) 7時40分

拡大

29日、韓国メディアは、チャン・イーモウ監督がプロデュースする中韓合作映画「撃斃 撃斃」に、主演の安重根役として韓国人俳優クォン・サンウが起用されると伝えた。写真はハルビンの安重根記念館。

(1 / 3 枚)

2014年7月29日、韓国メディアは、チャン・イーモウ(張芸謀)監督がプロデュースする中韓合作映画「撃斃 撃斃」に、主役となる安重根(アン・ジュングン)役として韓国人俳優クォン・サンウが起用されると伝えた。環球網が伝えた。

その他の写真

同作は、中国映画界を代表するチャン・イーモウ監督がプロデュースし、ドラマ「天龍八部」などで知られる香港のトミー・ファン(范秀明)監督が手掛ける。日本の初代総理大臣・伊藤博文を襲撃した安重根を描くものだ。

中国メディアによると、クォン・サンウの事務所は今回のオファーについて「安重根のような国民的ヒーローを演じることに、本人はプレッシャーを感じていたが、非常に有意義な映画であると考え受けることにした。今作を通じて、映画界の巨匠チャン・イーモウ監督に協力できることを、本人はうれしく思っている」と述べたという。

報道によると、このほかにも香港の演技派俳優ニック・チョン(張家輝)や女優キティ・チャン(張雨綺)の出演も決まっているという。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携