「NewJeans」、メキシコのガールズグループ盗作疑惑が登場で映像比較…あり得ない理由だった 05-24 12:57
【カルディ】新作炒飯の素がクセになる!食べ始めるとスプーンがとまらないっ! 05-24 12:57
全体的に抑制的?中国軍の台湾周辺軍事演習 台湾新政権への圧力と国際社会を刺激しないバランスに苦慮か 05-24 12:56
中国の経済成長率“鈍化”でも、「韓国・台湾」の成長率は加速する見込み【解説:三井住友DSアセットマネジメント・チーフリサーチストラテジスト】 05-24 12:46
中国式近代化へ制度的障害を解決、習主席表明 7月に3中全会 05-24 12:57
マカオ税関が中国ボーダーに近い商業ビル内に開設された運び屋への密輸品供給店摘発…活ロブスターやブランド品など押収 05-24 10:51
【独自】アメリカのインド太平洋軍トップ・パパロ司令官 28日に就任後初来日で調整へ 岸田首相や木原防衛相らと会談で調整進む 05-24 12:37
香港の消費者が深センでライチを爆買い、「妃子笑」が大人気 05-24 12:36
平野美宇&張本美和がストレートで好発進 2回戦突破で“パリ五輪対決”実現するか、ベスト8で対戦の可能性【WTTコンテンダー太原】 05-24 12:32
特定失踪者の家族が林長官に面会 拉致被害者としての認定を求める 小泉元首相の日朝首脳会談から20年 《新潟》 05-24 12:31

「トヨタVSヒョンデの戦いが始まった」と韓国メディア=ネット「笑わせてくれる」「勝負にもならない」

Record Korea    2023年8月16日(水) 12時0分

拡大

15日、韓国・時事ジャーナルは「現代自グループとトヨタによる宿命の対決が始まった」と伝えている。

現代自動車グループ(ジェネシス、起亜含む)とトヨタグループ(レクサス、ダイハツ、日野自動車含む)が共に4~6月期、過去最高の業績を記録した。15日、韓国・時事ジャーナルは「グローバル完成車メーカー販売数3位になってなお成長を続ける現代自グループと、日本企業として初めて四半期の営業利益が1兆円を突破したトヨタによる宿命の対決が始まった」と伝えている。

現代自の4~6月期営業利益は4兆2379億ウォン(約4612億6000万円)、起亜自は3兆4030億ウォンで、サムスン電子とSKハイニックスを押さえ韓国企業営業利益1位・2位を占めた。昨年10~12月期から3四半期連続の営業利益新記録となっている。輸出中心の事業構造にウォン安がプラスの影響をもたらした。また、販売数も増えている。4~6月期の販売数は現代自が前年同期比8.5%増の105万9713台、起亜自は12.0%増76万8251台だった。半導体不足、高収益車種中心の販売も大きく影響したとしている。

トヨタの4~6月期営業利益は1兆1209億円を記録した。1~3月期は6269億円で現代自グループ(6兆4667億ウォン)に抜かれたが、4~6月期に巻き返した形だ。トヨタも販売構造は現代自グループと似ており、円安の恩恵を受けている。特に北米での販売数が大幅に拡大し、四半期比22.9%増の約68万2000台を記録した。北米地域は高収益のSUV需要が高い。

売上高ではトヨタ(10兆5468億円)が現代自グループ(65兆9404億ウォン)を大きく上回った。トヨタ約232万6000台、現代自グループ182万7964台という販売数の差が影響した。

トヨタはインドネシアなどアジア地域で立地を固めており、4~6月期のアジア販売数は41万7000台で、全体販売数の17.9%を締めた。主に自家用車が売れているが、「今後の成長潜在性を考慮すると、市場支配力を無視することはできない」と記事は評価している。現代自と起亜は最近、インドなどアジア地域での販売を強化しているが、販売数はまだ少ないという。

両グループの販売構造は似ているが、「エコカー販売には違いがある」と記事は指摘している。トヨタはハイブリッド車中心で収益を上げているが、電気自動車(EV)の販売では後れを取っている。一方、現代自グループはEVの販売比率を上げているものの、現時点でEVはハイブリッドほど収益をは上げられない構造となっている。それでも今後さらにEV販売を強化する計画だという。記事は「EV時代へのシフトという状況で、素早く対処した現代自グループは肯定的に評価される。最近はトヨタもEVに力を入れる雰囲気だ」と伝えている。

韓国のネットユーザーからは「トヨタが現代自の比較対象?笑わせてくれる。凶器自動車がトヨタの相手になるわけない」「何が対決だ。現代自とトヨタじゃ勝負にもならない」「半導体不足でトヨタが車を売れなくなったが、それももう解消されたから、今後はトヨタが1位でしょ」「クッポン(極端な愛国主義)はいいかげんにしろ。販売数でダイハツと日野を抜いてたらまともな比較にならない」など、現代自に否定的なコメントが多く寄せられている。

一方で「現代自がトヨタと競う日が来るなんて!」「ソニーがサムスンに王者の座を譲ったように、トヨタも現代自に負けることになる」などの声も見られた。(翻訳・編集/麻江)

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携