米国は中国製ドローンをやめたくてもやめられない?農家の8割がDJI製を使用―仏メディア 07-18 08:11
夏休み、旅先のホテルにチェックインしたら一目散に〈ベッドの四隅〉を確認すべき「怖すぎる理由」【現役CAが解説】 07-18 08:08
「パリピライブ」に向井理、上白石萌歌ら豪華ゲストが参戦! 07-18 08:08
「意外なボリューム感」で夏の“ずぶ濡れフェス”を制し再ブレイクした韓国歌手、スキのない美しさで魅了【PHOTO】 07-18 08:07
広島県に「突風と落雷に関する情報」発表 広島地方気象台 大気の状態が非常に不安定 午後は日差しあっても天気急変に注意 急な強雨・落雷・突風のおそれ【1時間ごと降水予想&発雷確率】 07-18 08:01
【胡坐】なんて読む?「ござ」ではありませんよ!【読めそうで読めない漢字クイズ】 07-18 07:52
「日本に驚かされた」ドローに持ち込んだ大岩Jに対戦国フランスのメディアも驚嘆! 母国代表の出来を不安視「最後の準備で失速」「抑えられた」 07-18 07:50
【天気】北海道と東日本、近畿、沖縄は晴れて強い日差しが 東北と中国、四国、九州は所々で雨 07-18 07:58
「4キロ太りましたので歩きます」‟伝説のモテ美女”小澤美里が増量報告 ボディライン露わなドレス姿も 07-18 07:40
米半導体株指数がコロナ禍以来の急落、対中輸出規制強化懸念などで 07-18 07:47

中国人に好まれなくなった米国映画、その「真の理由」とは

anomado    2023年7月24日(月) 12時0分

拡大

中国では、米国映画の興行成績が不振だ。中国人の多くは、かつては魅力を感じていた部分に反応しなくなったという。ただし米国の業界人が手をこまねいているわけでなく「対策を施した作品」も登場しつつあるという。

中国メディアの環球網は22日付で、中国における最近の、米国映画の不振の理由を探る記事を発表した。

記事はまず、上海市民のFさんの証言を紹介した。Fさんは定年退職者という。米国映画を知るようになったのは10年ほど前からで、「007」や「ワイルド・スピード」などのシリーズや、トム・クルーズの主演作品に親しむようになった。しかし最近では、米国映画よりも中国映画の方が魅力的と思うようになった。

Fさんは「今のハリウッド映画はますます荒唐無稽になっている。『スパイダーマン』や『キャプテン・アメリカ』のようなスーパーヒーローものは底が浅すぎる。3D上映であっても映画館に行かない」と述べたという。

Fさんだけではない。米国映画はこの夏、世界第2の市場である中国で「惨敗」状態だ。上海市に本社を置き映画業界への情報提供などを手掛けるアーティザン・ゲートウェイによれば、中国市場における2023年1-6月の米国映画の興行収入は5億9200万ドル(約840億円)で、19年同期の19億ドルを大きく下回った。

中国は1970年代の末に改革開放政策を採用したが、当初は映画などについて規制も強かった。米国映画が多くの中国人に親しまれるようになったのは、規制が緩和されていったおおむね1990年代からだった。米国映画が注目を集めた大きな理由の一つは、西側の国の生活の様子を垣間見ることができたことだったという。中国人は「タイタニック」や「アバター」などの大作米国映画に夢中になった。興行収入もうなぎのぼりだった。

しかし、39歳のエンジニアと自己紹介する馮さんは「コカ・コーラやナイキ、iPhoneは、もはや珍しくもなんともなくなりました。だから人々はハリウッド映画に夢中にならなくなりました」と説明した。

中国と米国の関係は緊張が続いており、互いに制裁や報復を繰り返しているが、米国映画の中国での上映はそれほど影響を受けていないようだ。中国国外の映画業界からは「中国は多くのハリウッド映画を導入している。普通の1年と同様な感じがする」との声が出ている。同時に、中国政府は映画館がコロナ禍で受けた損失から回復するのを支援しようとしているようだとの見方もあるという。

「MEG ザ・モンスターズ2」

ただし、中国で上映される米国映画の本数がこれまでと同じとしても、米国映画は中国市場で苦戦し、中国映画が人気を博している状況だ。

ただし、米国の業界人が手をこまねいているわけではない。8月には米中合作の「MEG ザ・モンスターズ2」が公開される。同作品のプロデューサーのベル・エイブリー氏は、「この作品は中国のスターや中国関連のテーマを取り入れている。中国の映画ファンに簡単にチケットを買ってもらえると思っていた、これまでの西側の映画関係者の二の舞にならないようにした」と述べた。エイブリー氏は、「あのように独りよがりで傲慢だった日々は、完全に過去のものだ」とも述べた。(翻訳・編集/如月隼人

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携