台湾人男性が日本に恩返し、日本人男性に治療費援助=台湾ネット「日本と台湾は相思相愛」「心温まるニュース」

Record China    2014年7月26日(土) 23時42分

拡大

24日、台湾出張中に脳幹出血で倒れた日本人男性を救うため、台湾人男性が治療費を援助したことを伝えた記事に、台湾のネットユーザーからコメントが相次いだ。資料写真。

(1 / 2 枚)

2014年7月24日、台湾出張中に脳幹出血で倒れた日本人男性を救うため、台湾人男性が治療費を援助したことを伝えた台湾メディアの記事に、台湾のネットユーザーからコメントが相次いだ。

その他の写真

この日本人男性は2日に台湾を訪れ、5日に帰国する予定だった。だが、離陸直後の帰国便のなかで脳幹出血を起こして倒れたため、飛行機は台湾の空港に引き返し、男性は病院の集中治療室(ICU)に入った。男性を日本に移送するには巨額の費用がかかるため、男性の妻は台湾の人々に助けを求めた。すると、ある企業の社長が匿名で160万台湾ドル(約540万円)を寄付。以前、日本でけがをした際に多くの日本人に助けられたことから、日本への恩返しのために今回の援助を申し出たという。この記事に多くのコメントが寄せられた。

「日台友好!」

「最近嫌なニュースばかりだったけど、これはいいニュースだ」

「愛は国境を越える!」

「同じ台湾人として誇り。この社長の善意に感謝する」

「台湾は日本が好きだし、日本も台湾が好きだよね」

「台湾の日本への好感度は国同士の問題を超えている」

「東日本大震災で台湾は68億台湾ドル(約230億円)の義援金を提供。四川の震災では70億台湾ドル(約238億円)を中国に送った。日本は今でも台湾に感謝してくれているが、中国は台湾をばかにしてばかりだ」(翻訳・編集/本郷)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携