Record China

ヘッドライン:

韓国外交部が敗訴=ソウル行政裁、日本との軍事情報保護協定の交渉過程の開示命じる―韓国メディア

配信日時:2014年7月23日(水) 18時4分
拡大
22日、韓国ソウル行政裁判所は、韓国外交部に対し、日韓両国政府が2011年から12年にかけて進めていた「日韓軍事情報保護協定」に関する具体的な交渉過程を公開するよう命じる判決を言い渡した。資料写真。
(1/2枚)

2014年7月22日、韓国・聯合ニュースによると、韓国ソウル行政裁判所は22日、韓国外交部に対し、日韓両国政府が2011年から12年にかけて進めていた「日韓軍事情報保護協定」に関する具体的な交渉過程を公開するよう命じる判決を言い渡した。23日付で環球時報(電子版)が伝えた。

その他の写真

韓国の市民団体「参与連帯」の平和軍縮センターは外交部に対し、協定締結をめぐる会議の議事録などを公開するよう求めたが拒否されたため、昨年9月に訴訟を起こしていた。

両国は2011〜12年、外相・国防相級協議を数回にわたり行い、協定に仮署名した。韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権は12年6月、非公開で開かれた閣議で協定を可決。だが、市民団体などから「密室処理」との批判が噴出し、直前に正式署名を見送った。(翻訳・編集/NY)

関連記事

韓国「米国には共同で独島を守る義務がある」=米韓相互防衛条約が適用されるとの認識示す―韓国メディア

24日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の趙泰永報道官は同日の定例会見で、「竹島(韓国名:独島)は韓国の行政支配下にある領土。米韓相互防衛条約の適用範囲に含まれる」との考えを示した。写真は韓国ソウルの独島体験館。

Record China
2014年4月25日 11時2分
続きを読む

ランキング