日本、電柱新設を禁止、電線を地中へ=東京五輪へ景観・防災改善―華字紙

Record China    2014年7月23日(水) 21時0分

拡大

22日、日本政府は、2020年の東京五輪に向けて、都市の景観を改善するため、電柱の新設を原則禁止し、電線を地中に埋める「無電柱化」を推進する意向だ。写真は都内。

(1 / 2 枚)

2014年7月22日、華字紙・日本新華僑報によると、日本政府は、2020年の東京五輪に向けて、都市の景観を改善するため、電柱の新設を原則禁止し、電線を地中に埋める「無電柱化」を推進する意向だ。

その他の写真

電柱の設置をめぐっては、街の景観を損ねるうえ、災害時に電柱が倒れた場合、道路の通行の妨げになるという指摘がある。東京23区で「無電柱化」されているのは7%にとどまっている。

計画では、道路や住宅地を整備する際、新たな電柱の設置を原則禁止するほか、通信回線と共同の溝を設けて電線を地中に埋設する現在の方法を見直し、電線だけを埋設する方法を導入することで、コストを大幅に削減できるとしている。(翻訳・編集/NY)

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携