Record China

ヘッドライン:

期限7カ月過ぎ、カビだらけの肉をファストフード店に供給=作業員「食べても死にはしない」―中国

配信日時:2014年7月22日(火) 9時55分
拡大
21日、京華時報は、マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、ピザハットなどの中国の店舗に、大量の変質した食肉加工品が供給されていた問題で、これらの加工品は中国で優先的に使用されていたと伝えている。写真はマクドナルド。
(1/2枚)

2014年7月21日、京華時報は、マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、ピザハットなどの中国の店舗に、大量の変質した食肉加工品が供給されていた問題で、これらの加工品は中国で優先的に使用されていたと伝えている。

その他の写真

問題の供給元は、米OSIグループの子会社・上海福喜食品有限公司。同社は保存期限の切れた変質した肉類原料を大量に使用し、保存期限シールを貼り替えるなどの偽装工作をしていた。中には期限が7カ月過ぎ、カビが生えた冷凍品まで扱われていたという。同社の作業員は「期限切れだからと言って、食べても死にはしない」と話していた。

こうした肉で製造されたチキンナゲットやステーキ、ビーフパティなどは、主要なファストフードチェーンに販売されていた。特に鶏肉加工品は中国に優先的に供給されていたという。(翻訳・編集/北田

関連記事

韓国系米国人がマクドナルドを相手取り、10億円の賠償を求める訴え―韓国メディア

13日、韓国・聯合ニュースによると、韓国系米国人男性がNYのマクドナルドで従業員に殴打されけがを負ったとして、男性の代理人である弁護士事務所がマクドナルドを相手取り1000万ドル(約10億円)の賠償を求める民事訴訟を起こした。写真はクイーンズ区フラッシング。

Record China
2014年4月15日 11時2分
続きを読む

米マクドナルドの韓国客追い出し、「中国のイケアを連想」「中国で居座りは日常茶飯事」―中国版ツイッター

20日、米ニューヨークにあるマクドナルドの店舗は「長時間の居座り」を理由に警察に通報し、韓国系の老人を店から追い出した。これに対して中国のネットでも多くの意見が投稿された。写真はニューヨークにある韓国関連の店。

Record China
2014年1月20日 13時11分
続きを読む

ランキング