木村拓哉も戦々恐々か 4月期ドラマ、『アンチヒーロー』以外は“惨敗スタート” ドラマ枠乱立への不満も 04-21 10:42
【陸上】110m障害 パリ五輪内定の泉谷駿介にファンも期待「12秒台出してメダルを」 04-21 10:36
【新宿西口ホテルのカフェ&ダイナー】シーンレスで使い勝手が良すぎる!『WPU CAFE & DINER』のクラフトビール16種類とランチプレート 04-21 10:32
「日韓戦で惨敗しても不思議ではない」大岩Jと戦うU-23韓国代表に母国メディアが辛辣指摘「中国戦は悲惨」「戦術が間違っている」【U-23アジア杯】 04-21 10:30
撃つのはBB弾のエアガンサバゲ―シム『Airsoft Online』ストアページ公開/ドラマ「フォールアウト」登場キャラのS.P.E.C.I.A.L.値が公開/『ゆうなま』ライクSLG『勇者のものは魔王のもの』1か月足らずで販売終了【週刊スパラン4/12~】 04-21 10:28
米国務長官、24日から訪中 04-21 10:13
スプリント2位のハミルトン、セットアップの実験後に予選18番手「悪くなりようがないと思ったけど違ったね」F1中国GP 04-21 10:33
「15歳は可能性を秘める」張本美和、殊勲の銅メダルを中国メディアも高評価 世界3位撃破の急成長は「明らかに予想を超える」【ITTFワールドカップ2024】 04-21 10:20
衛星「四維高景3号01星」、1枚目の画像を伝送―中国 04-21 10:03
米下院、ウクライナ支援の緊急予算案を可決 04-21 09:47

日本のアニメ映画が中国本土に「侵入」、ハリウッドの大作が簡単に押しつぶされる―中国メディア

Record China    2023年4月18日(火) 18時0分

拡大

中国ポータルサイトの騰訊網に16日、「日本のアニメ映画が再び中国本土への『侵入』を開始し、ハリウッドの大作が簡単に押しつぶされる」とする記事が掲載された。

中国ポータルサイトの騰訊網に16日、「日本のアニメ映画が再び中国本土への『侵入』を開始し、ハリウッドの大作が簡単に押しつぶされる」とする記事が掲載された。

記事はまず、中国本土の映画市場において、輸入映画には「二つの勢力」があり、一つはハリウッドのアクション、SF、スーパーヒーローなどの大作で、もう一つが2次元アニメを中心とした日本の低コスト映画だとした。

そして、日本の2次元アニメ映画が中国本土で安定的に上昇する勢いを見せているのに対し、ハリウッドの大作はずっと下降傾向にあるとした。

日本のアニメ映画については「口コミでも興行成績でも、非常に見るべきものがある」とし、3月24日に中国本土で一般公開された「すずめの戸締り」の興行収入がすでに7億4300万元(約144億8200万円)に達し、「国内の大手メディアの興収予想を上回っただけでなく、中国本土で一般公開された日本映画として歴代1位に躍り出た」とした。

一方、ハリウッドの大作については「口コミでも興行成績でも、満足とはほど遠い」と指摘。「アントマン&ワスプ:クアントマニア」の累計興行収入は2億8000万元(約54億5000万円)に届かず、「シャザム!~神々の怒り~」に至っては累計興収が4100万元(約7億9000万円)余りにとどまったことを取り上げた。

さらに、日本のアニメ映画については、20日から中国本土で公開される人気バスケットボール漫画スラムダンク」が原作のアニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」の興収予想が9億元(約175億円)に達していることにも触れた。

そして、「今年、中国本土に輸入された日本のアニメ映画の数は例年をはるかに上回り、興行成績も非常に見るべきものがある。春節(旧正月)映画の上映が終了して以降、興行収入で最高の成績を収めたのは日本のアニメ映画だ。それに対し、国産映画とハリウッド大作の成績は平凡だ」とした。(翻訳・編集/柳川)


※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携