習近平主席がプーチン大統領と会談=「政治的相互支持を引き続き強化」―中国メディア

配信日時:2014年7月16日(水) 18時15分
習近平主席がプーチン大統領と会談=「政治的相互支持を引き続き強化」―中国メディア
画像ID  428956
16日、習近平(シー・ジンピン)国家主席は訪問先のブラジルで今月14日、ロシアのプーチン大統領と会談した。
2014年7月16日、習近平(シー・ジンピン)国家主席は訪問先のブラジルで今月14日、ロシアのプーチン大統領と会談した。

その他の写真

習主席は「中露双方は政治的相互支持を引き続き強化し、協力を深化・拡大、戦略的大型プロジェクトにおける共同の研究・開発、普及・応用、生産・製造をさらに多く展開していく。軍事・安全保障分野で実務的な合同行動を取り、人的・文化分野で共同の学校運営、文化発展を奨励・支援する必要がある。双方は国際問題で合同行動をさらに多く繰り広げ、連携してBRICS協力を推進し、発言力と影響力を高めてグローバル・ガバナンスを完全なものにし、国際関係の民主化を推し進めて世界の平和と発展を促進する必要がある」と表明した。

プーチン大統領は「現在、中露包括的・戦略的協力パートナーシップは良好に発展している。習主席と私は両国協力に自ら関心を寄せ、推進している。私が前回訪中した際、中露双方は一連の重大な実務協定を締結した。中国側と共に努力して、全面的に期日通りに実行するとともに、今後の協力についてしっかりと計画を立て、両国間の貿易・投資規模を拡大したい。エネルギー、科学技術、航空・宇宙、交通インフラ、通貨スワップ分野の協力を重点的に推し進め、露中西ルートの天然ガスパイプライン協定交渉を早期に始動し、上海協力機構やG20の枠組みで調整や協力を引き続き強化していく。国際通貨基金(IMF)のクオータ改革を連携して推進し、サイバーセキュリティーを共同で維持したい。また習主席との緊密な連絡を継続したい。今年11月に訪中してAPEC首脳会議に出席することを心待ちにしている」と表明した。 両氏はシリアやアフガニスタンの問題についても意見交換した。(提供/人民網日本語版・翻訳/NA・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事