Record China

ヘッドライン:

中国の観客から「君が代」にブーイング!「こんなの愛国じゃない!」「嘆かわしい」―中国ネット

配信日時:2014年7月16日(水) 3時50分
拡大
15日、男子バスケットボールの国際大会・FIBA ASIAカップ(中国・武漢)の予選ラウンドの日本対中国の試合での、観客の日本チームに対する行為に対し、中国ネットユーザーから疑問の声が上がっている。
(1/2枚)

2014年7月15日、男子バスケットボールの国際大会・FIBA ASIAカップ(中国・武漢)の予選ラウンドの日本対中国の試合での、観客の日本チームに対する行為に対し、中国ネットユーザーから疑問の声が上がっている。

その他の写真

この日は、試合前の「君が代」に観客席からブーイングが起きたほか、日本選手のフリースローのシーンでは会場から日本語で「や・め・て!」というヤジが飛んだ。香港メディアは、中国中央テレビ(CCTV)が連日、旧日本軍の「戦犯」に関する報道を行っていることが、中国人ファンの過激な行動につながっていると指摘している。

この観客の行動に、中国のネットユーザーからは批判的なコメントが相次いでいる。以下は、その一部。

「気持ちは分かるが、これはスポーツ」

「国歌にブーイングはやりすぎだ」

「中国人の顔を汚すようなことをするな」

「誰もこの行為を愛国だとは思わないだろう」

「会場にいた全員に、恥知らずと言っておこう」

「中国人の素養は、大幅な引き上げが必要」

「迫力で勝って素養で負けるようなことをしてはならない」

「『素養』は『歴史』の前では役に立たないんだな」

「国歌にブーイングというスポーツの範囲を超えた行為を、彼らは『愛国だ』と言うのだろう。嘆かわしい」

「(観客は)こんなことをする必要はまったくない。実力で日本に勝てば、十分うっぷんを晴らせる。これでは、中国人の腐った根性を露わにするだけ」(翻訳・編集/北田

関連記事

中国男子バスケ五輪代表、5人対2人の数的有利も敗戦=「この国に残されたのは卓球だけ」―中国ネット

9日、中国のバスケットボール男子五輪代表チームが、イタリアとの親善試合で、相手選手の退場で最終的に5人対2人となりながら敗戦したことに、ネット上では怒り・諦め・ため息などさまざまなコメントが書き込まれている。

Record China
2014年7月10日 17時36分
続きを読む

ランキング