Record China

ヘッドライン:

橋下市長、「ヘイトスピーチ」対策へ=「日本は異常な国!」「在韓外国人には温かい目を!」―韓国ネット

配信日時:2014年7月15日(火) 9時52分
拡大
10日、韓国メディアは、大阪市の橋下市長がヘイトスピーチ(憎悪表現)に対して、対策を講じる考えを明らかにしたことを伝えた。これに韓国のネットユーザーが多くの関心を寄せている。写真は大阪。
(1/2枚)

2014年7月10日、韓国は、大阪市の橋下市長がヘイトスピーチ(憎悪表現)に対して「やり過ぎで問題。言葉が表現の自由を越えている」と指摘したと伝えている。

その他の写真

橋下市長は、「表現の自由もあり、スピーチ自体の制限や罰則は難しい」としながらも、発言内容を証拠保全し、表現について第三者委員会で議論し、結果を公表するなどの対策を取る考えがあると明かした。

この報道に、たびたびヘイトスピーチの対象となってきた韓国のネットユーザーは、以下のような反応を示している。

「当たり前のことを偉そうに言うな。街頭で『朝鮮人は死ね』などと叫ぶことが許される国、日本は異常な国だ」

「もし、ソウルの都心で『日本のやつらを殺せ』とデモが起きたら、日本政府はどう対応するだろうか。腐った韓国政府は何もできないだろう。国内で次々起こる事件や事故で手一杯だから」

「大阪を旅行して楽しかったというブログは多い。彼らはデモには遭わなかったのか?」

「橋下も相当な右翼のはず。ひどいことをたくさん言ってきたくせに、自分のことは棚に上げるのか!」

「同じ地域で暮らす他民族を差別してはいけない。韓国で暮らす外国人労働者にも温かい目を向けよう」

「韓国人は、日本で暮らす同胞たちのことを考えているのだろうか。韓国政府は日本の韓国人学校に財政支援をすべきだ」(翻訳・編集/大江あい)

関連記事

東京で在日韓国・朝鮮人蔑視の落書き多数=中国ネット「中国人より嫌われているのは明らか」

2日、「コリアンタウン」として知られる東京・大久保とその周辺に、在日韓国・朝鮮人らを蔑視する落書きが多数書き込まれていることがわかった。中国でも複数のメディアがこのニュースを報じたことで話題を呼んでいる。写真は新大久保。

Record China
2014年3月4日 16時22分
続きを読む

ランキング