「稲葉ジャンプ」に「熱男!」懐かしの光景が蘇る 稲葉「背中を押してもらった」 07-22 19:33
北海道の観光名所「青い池」で得意げに泳ぐ “トンデモ迷惑男”  外国人か 池の中でピースサイン 頭上には違法ドローンも AI監視カメラの死角ねらったか オーバーツーリズムに悩まされる北海道美瑛町 07-22 19:30
原子力規制委・山中委員長が島根原発を視察 能登半島地震踏まえ地元首長と意見交換(松江市) 07-22 19:30
梅雨明け、夏休みへ…堀川遊覧船 かき入れ時へ総点検 07-22 19:26
日本が“欧州NATO基地”状態!?ロシア・北朝鮮が猛反発…ドイツ・スペイン・フランスの軍用機が同日に日本に展開した理由 07-22 19:26
全国から高校生が集結 地元の神楽を披露 広島・安芸高田市で「神楽甲子園」 07-22 19:22
「段違いの暑さ」プールに長い列 府中市で38.3℃など各地で35℃超の猛暑日に 「大暑」の広島 07-22 19:21
【動画を見る】梅雨明けの本州 “湧き上がる積乱雲”であちこち激しい雷雨に 関東・近畿・中国地方ほか 竜巻注意情報も発表 猛暑・強い日射で大気の状態が非常に不安定 雲が生まれる様子を宇宙から 07-22 19:21
“才色兼備のファーストレディー”を事情聴取 韓国の大統領夫人にブランドバッグ収賄疑惑 07-22 19:20
「和服は許可しない!」「鬼滅の刃」のキャラクターに扮した女性の入場を警備員が拒否 中国のアニメイベントで撮影か 07-22 19:19

人生90年の足跡―体験で語る日本と中国―(15)「統促会」存亡の危機を脱出

凌星光    2023年7月1日(土) 16時0分

拡大

コラム「人生90年の足跡―体験で語る日本と中国―」第15回は「統促会存亡の危機を脱出」。

15.「統促会」存亡の危機を脱出

2017年、2年1期の過渡期を想定して、私は全日本華僑華人中国平和統一促進会(全日本統促会)の会長を引き受けざるを得なくなりました。台湾問題は内政問題であるが国際性があるというのが私の持論でした。そこで定款を修正し、祖国の平和統一を図ると同時に、日中友好の促進に努めるという二つ目の主旨を加えました。つまり、日本の方々の平和統一への理解と同情を得る必要があるということです。

台湾をめぐる日本の世論はたいへん厳しい状況にありますが、われわれの努力でこれを変えていくという強い意志を示しました。ここ数年の動きを見れば、この方向性は明らかに正しかったのですが、力及ばずして思うような成果を上げることはできませんでした。

というのも、私が夢にも思わなかった組織の分裂が起こったからです。私が会長になり、新華僑華人のメンバーを増やそうとしたとき、第三の統促会が誕生し、多くの新華僑華人がそのメンバーとなったのです。もともと二つの組織を統一する方向で努力しようと思っていたのですが、統一どころかさらに三つの組織へと分裂してしまったのです。一時期、私は孤立無援の状況下におかれ、組織は存亡の危機にひんしました。

このような状況下で身を引くわけにはいかず、2年1期の想定は諦め、2期目もやることにしました。悪戦苦闘の末、協力者を徐々に増やすことができ、2021年秋から選挙で新会長を選ぶ準備に取り掛かりました。厳密な選挙を経て、昨年3月、新しい会長にバトンタッチすることができました。

現在、私たちの組織は全く新しい局面が展開されています。この記事もその表れの一つです。皆さんの協力に深く感謝すると共に、わが会のさらなる発展を固く信じています。

■筆者プロフィール:凌星光

1933年生まれ、福井県立大学名誉教授。1952年一橋大学経済学部、1953年上海財経学院(現大学)国民経済計画学部、1971年河北大学外国語学部教師、1978年中国社会科学院世界経済政治研究所、1990年金沢大学経済学部、1992年福井県立大学経済学部教授などを歴任。

※本コラムは筆者の個人的見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携