かつて日本でも活躍、元アイドル女優のグロリア・イップ、シングルマザーの奮闘ぶりが称賛の的―香港

Record China    2014年7月12日(土) 15時25分

拡大

11日、香港の元アイドル女優のグロリア・イップについて、離婚やシングルマザーとしての奮闘を乗り越えた不屈の精神が称賛を集めている。

(1 / 2 枚)

2014年7月11日、香港の元アイドル女優のグロリア・イップ(葉蘊儀)について、離婚やシングルマザーとしての奮闘を乗り越えた不屈の精神が称賛を集めている。網易が伝えた。

その他の写真

1988年の日港合作映画「孔雀王」に主演し、日本でも数多くのファンを獲得。そのかわいい容姿がアジア全域で脚光を浴び、日本ではシングルCDやソロ写真集も発売している。人気絶頂だった1995年、22歳の若さで玩具メーカー経営の実業家と電撃婚。2児を出産したが夫の浮気が原因で、2000年に離婚を発表。子供たちはグロリアが親権を得た。

02年には元夫が自己破産し、養育費は断たれることに。さらに元夫は09年にインサイダー取引が発覚し、懲役刑を受けている。この間、グロリアは香港芸術学院でアートを学び、イタリアで毎年開催される国際芸術コンクール 「アート・ラグナ・アワード」で作品がノミネートされ、一気に注目を集めた。2012年には香港でねんど細工や陶器のアートスクールを開設している。

今年6月まで香港で放送された無線電視(TVB)のドラマ「女人倶楽部」で久々に女優復帰。現在41歳だが、おばさんっぽさを出すため、体重を約5キロも増やし撮影に臨んだ。18歳になった長男をイギリス留学に送り出しており、波乱万丈の中でもへこたれない不屈の精神が、ネットユーザーから称賛を集めている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携