生活の新たなシーンを生み出すAI―中国メディア

人民網日本語版    2023年2月25日(土) 10時0分

拡大

中国では、AIはすでに自動運転やスマートシティなどの分野で広く活用され、生活の質を改善し産業の高度化を推進する重要な駆動力になっている。

AI(人工知能)で何ができるだろうか。道を走る自動運転車、工場内で連携するロボットなど、類似するスマートなシーンは生産・生活において珍しくない。中国では、AIはすでに自動運転やスマートシティなどの分野で広く活用され、生活の質を改善し産業の高度化を推進する重要な駆動力になっている。人民日報海外版が伝えた。

北京市民の李さんは通勤途中、携帯電話のナビゲーションに赤信号の待ち時間のカウントダウンを表示できることにふと気づいた。「まだ赤信号だったが、携帯電話のナビからあと5秒で青信号になると発進の準備を促された。その『預言』通りだった」。

昨年以来、高徳地図や百度地図などのナビアプリが信号待ち時間カウントダウン表示機能を続々とリリースするようになり、多くのドライバーの移動に便利をもたらしている。李さんは「渋滞に捕まるとナビが赤信号で待つ回数を表示することができ、ほぼ正確だという。まさに『預言者』のようだ」と話した。

「預言者」が道路状況を「予言」できるのは、AIという「魔法」によるものだ。高徳地図の関係者によると、この機能は大量の交差点自動車走行データをもとに、AIとデジタル化技術により学習・分析を行うことで、秒刻みで変化する赤信号の待ち時間を比較的正確に「予言」する。

AIを「使える」から「使いやすい」に変えるためには、ベテランドライバーからの「指導」が必要だ。趙建博さんは北京の自動車教習所の指導員で、同僚の紹介によりある自動運転ソフトウェアシステムの開発に参加し、「AIトレーナー」になった。

趙さんは、「実際の各種道路状況を反映する画像と動画資料の中から、自動車、歩行者、建築物などの運転の安全に影響を及ぼす重要な要素にマークをつける。このことは、AIの大量の学習資料の大事なところにマーカーを引くのに相当する。チームには自分のようなベテランドライバーが多く、AIとプログラミングについては分からないが、複雑な道路状況で運転する経験は非常に豊富だ。私たちは自ら車を運転し、安全な追い越し、車線変更、車間距離の保持といった動きをAIに示し、技術者によるシステムアルゴリズムの最適化に協力することで、AIを新米からベテランに成長させるようにしている」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

北京のAI中核企業が1048社に―中国

人民網日本語版

2023/2/15

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携