Record China

ヘッドライン:

安全な国・地域トップ10、半数がアジア、意外な国もランクイン―海外メディア

配信日時:2014年7月10日(木) 16時40分
拡大
9日、FBIのデータを元にした「安全な国・地域トップ10」で、1位は日本、2位には台湾、3位には香港がランクインした。写真は台北の警察局。
(1/3枚)

2014年7月9日、華夏経緯網によると、海外サイト「Lifestyle9」は米連邦捜査局(FBI)のデータを元に2014年版「安全な国・地域トップ10」を発表した。1位は日本。2位には台湾、3位には香港がランクインした。

その他の写真

トップ10に入った半数がアジア圏の国となった。1位の日本は安全指数86.89で、銃規制が厳しいことや経済発展が挙げられた。2位の台湾は安全指数83.74で、住民は優しく、暴力犯罪の心配をせずに済むほか、女性が夜に外出しても心配ないとされた。3位の香港は安全指数83.43で、犯罪率は米国や欧米諸国よりも低かった。

一方、治安が良いとされるシンガポールは安全指数80.02で、10位。意外なところでは、グルジアが安全指数80.43で、8位に入っている。紛争が絶えない中東でも、アラブ首長国連邦(UAE)は安全指数81.99で、5位。バーレーンも安全指数80.21で、9位。韓国は安全指数82.60で、4位となった。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

集団的自衛権行使容認の閣議決定に、韓国は懸念モード=「恥知らず!」「竹島が危険」「韓国も核武装を」

1日、日本政府は臨時閣議を開き、従来の憲法解釈を変更し、日本と密接な関係を持つ国が武力攻撃を受けた際に、日本が攻撃されていなくても反撃できる集団的自衛権の行使を容認すると決定した。韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2014年7月3日 11時6分
続きを読む

ランキング