安倍首相、中国に「対話の扉開かれている」、日豪の関係強化で中国のさらなる怒りも―中国紙

Record China    2014年7月8日(火) 20時55分

拡大

7日、オーストラリアを訪問中の安倍首相は、「日本と中国は密接な関係にあり、未解決の問題も多く残されている」と述べたうえで、対話の扉が開かれていることを強調した。写真はキャンベラのオーストラリア戦争記念館。

(1 / 2 枚)

2014年7月8日、環球時報(電子版)によると、オーストラリアを訪問中の安倍首相は7日午後、日本の首相として初めて首都のキャンベラに到着した。豪メディアの取材に対し、安部首相は「日本と中国は密接な関係にあり、未解決の問題も多く残されている」と述べたうえで、対話の扉が開かれていることを強調した。

その他の写真

安倍首相が繰り返し対話を求めていることについて、中国外交部はこれまで「日本は過去の過ちを認めず、あちこちで中国の悪口を言っているにもかかわらず、一方では口先だけのスローガンを繰り返している。現段階での対話は何の効果も期待できない」と反発している。

さらに、安倍首相とアボット豪首相が防衛・経済分野での連携協定に調印し、関係を強化することで「中国のさらなる怒りが予想される」との見方も出ている。(翻訳・編集/AA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携