<ブラジルW杯>デパートも本屋もサッカー一色、酒のさかなもワールドカップ―北京市

Record China    2014年7月8日(火) 23時40分

拡大

デパートの入り口広場に展示されている巨大なサッカーボールや有名選手のオブジェ。店内のディスプレイは、ワールドカップ一色。夜、バーが集まる「三里屯」では、多くの人がサッカー中継観戦に興じていた。

(1 / 9 枚)

ワールドカップが全世界を熱くしている。中国チームは参加しないものの、中国でもかなりの盛り上がりを見せている。

その他の写真

若者に人気の西単エリア。デパートの入口広場には現在、大会で使用されている公式サッカーボールの巨大バージョンが期間限定でディスプレイされ、ショッピングセンターの入り口には、世界的に有名な選手、ブラジルのネイマール、ポルトガルのロナウド、イギリスのルーニーのオブジェが展示されていた。また、中に入ると、スーパーは参加国の旗で装飾され、商品のディスプレイの棚、床のじゅうたんまでも、ワールドカップ一色で統一されていて、書店では、ずらっとワールドカップ関連の本が並んでいた。

夜に訪れたのは、北京の代表的なバー街「三里屯」。本大会の中継は、夜中の時間帯になるため、自宅で一人応援するのはつまらないという人々が続々と集まっていた。バーだけでなく、飲食店やクラブなどでも、大型のスクリーンが用意され、どのお店も夜通しお酒を飲みながらサッカー中継を楽しむ人々でいっぱいだった。

試合を見るためにわざわざバーまでやってきたというお客に尋ねてみると、こうして集まって闇でサッカー賭博も行うこともあるそうで、すでに強豪チームのイタリアやスペインが敗退し、賭博で負けて大損した人も多くいるのだとか。

終盤戦に入った今回のワールドカップでは最終的にどこか優勝するのか、中国のサッカーファンも気をもんでいる。

※本記事は中国・日本のリサーチ、コーディネーション〜(株)ナンバーワンズの特別提供。ナンバーワンズは様々な番組に対応した中国に関するリサーチやロケコーディネーションを行っている。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携