木村拓哉も戦々恐々か 4月期ドラマ、『アンチヒーロー』以外は“惨敗スタート” ドラマ枠乱立への不満も 04-21 10:42
【陸上】110m障害 パリ五輪内定の泉谷駿介にファンも期待「12秒台出してメダルを」 04-21 10:36
【新宿西口ホテルのカフェ&ダイナー】シーンレスで使い勝手が良すぎる!『WPU CAFE & DINER』のクラフトビール16種類とランチプレート 04-21 10:32
「日韓戦で惨敗しても不思議ではない」大岩Jと戦うU-23韓国代表に母国メディアが辛辣指摘「中国戦は悲惨」「戦術が間違っている」【U-23アジア杯】 04-21 10:30
撃つのはBB弾のエアガンサバゲ―シム『Airsoft Online』ストアページ公開/ドラマ「フォールアウト」登場キャラのS.P.E.C.I.A.L.値が公開/『ゆうなま』ライクSLG『勇者のものは魔王のもの』1か月足らずで販売終了【週刊スパラン4/12~】 04-21 10:28
米国務長官、24日から訪中 04-21 10:13
スプリント2位のハミルトン、セットアップの実験後に予選18番手「悪くなりようがないと思ったけど違ったね」F1中国GP 04-21 10:33
「15歳は可能性を秘める」張本美和、殊勲の銅メダルを中国メディアも高評価 世界3位撃破の急成長は「明らかに予想を超える」【ITTFワールドカップ2024】 04-21 10:20
衛星「四維高景3号01星」、1枚目の画像を伝送―中国 04-21 10:03
米下院、ウクライナ支援の緊急予算案を可決 04-21 09:47

インドが日本を破る!世界第3のライトビークル市場に―中国メディア

Record China    2023年1月6日(金) 8時0分

拡大

4日、新浪に、インドが日本を抜いて世界第3のライトビークル(乗用車と車両総重量6t未満の商用車)市場になる見込みだと報じた。

2023年1月4日、中国のポータルサイト・新浪に、インドが日本を抜いて世界第3のライトビークル(乗用車と車両総重量6t未満の商用車)市場になる見込みだと報じた。

記事は、S&Pグローバル・モビリティーの予測データとして、2022年のインドにおけるライトビークル販売台数が前年比22%増の440万台となる一方で日本は420万台に低下し、インドが日本を抜いて世界第3の市場になる見込みだと紹介。オフィシャルなデータは発表されていないものの、S&Pグローバル・モビリティーの予測が大きく外れる可能性は低いとした。また、生産台数でもインドは初めて500万台の大台を突破し、世界第4位の地位を保つ見込みであると伝えた。

そして、多くの先進国市場が現状維持もしくはマイナス成長となる中で、インドのライトビークル市場は種々の問題を抱えつつもこの10年で平均3%の成長を実現しており、スズキにとっては海外最大の市場となり、現代、起亜、チェコのシュコダ・オートにとってもインドが海外3大市場の一つになったと紹介し、他の企業にとっても今後インド市場が大きな役割を担うことになるだろうと予測した。

また、ロシアによるウクライナ侵攻以降、現代、起亜、ルノー、日産、シュコダなどのブランドがロシア市場から撤退し、大きな潜在力を持つインドなどの市場にリソースを注ぎつつあり、インドに大きな利益がもたらされる可能性もあると指摘。シュコダが今後数年間で10億ユーロ(約1400億円)を投じることを明らかにし、ルノーとそのパートナーである日産も間もなくインドへの新たな投資を発表する見込みだとした。さらに、インド市場をリードするスズキも25億米ドル(約3300億円)を超える投資を発表し、インド法人の幹部が先日インド市場の成長に自信を見せたことを伝えている。

一方で、22年の急成長とは対象的に23年はインドのライトビークル市場が5〜8%の増加にとどまるとの予測を紹介。また、インフレの影響や、渋滞の慢性化、著しい環境汚染といった問題も大きなハードルとなっており、インド政府は環境汚染対策として電気自動車の普及、年式の古い自動車の廃棄を奨励する政策を講じるべきだとした。(翻訳・編集/川尻

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携