Record China

ヘッドライン:

習主席の訪韓に、韓国ネットは「日朝に圧力を!」「米韓関係を忘れるな!」「敵も味方もない、それが外交」

配信日時:2014年7月4日(金) 13時7分
拡大
3日、中国の習近平国家主席が韓国を初訪問し、ソウルの大統領府で朴槿恵大統領と会談した。習主席の訪韓に関して、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は習主席の宿泊を歓迎する韓国のホテル。
(1/2枚)

2014年7月3日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が国賓として韓国を初訪問し、ソウルの大統領府で朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談した。双方は会談後、「北朝鮮の核兵器開発に断固として反対する立場を再確認した」との共同声明を発表。また、中韓自由貿易協定(FTA)について年内妥結と、人民元と韓国ウォンの直接取引市場の開設に努力することで合意した。

その他の写真

中国最高指導者が北朝鮮より先に韓国を訪問するのは初めてであり、国際社会の注目が集まっていた今回の首脳会談。中韓首相が北朝鮮に厳しい姿勢を見せる一方で、共同声明や共同記者会見で日本や歴史問題に関する言及はなく、共同声明の付属書に「従軍慰安婦問題の共同研究を進める」としたものの、「朝鮮半島と北東アジアの平和と安定を促進にむけて協力を強化していく」と日本に対する直接的な表現は避けた。

朴政権はこれまでも中国との信頼関係の形成を強調してきており、今回の会談で中韓関係はより前進したと考えられる。しかし、最近では「歴史問題で韓国と中国は個別に対応してきた」(外交部)と強調するなど、中国との共同歩調には消極的な姿勢を見せる一面もあり、同盟関係にある米国との間で揺れている様子がうかがえる。

今回の首脳会談を受け、韓国のネットユーザーもさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。

「中国と韓国の関係が円満になるきっかけになってほしい」

「習主席の訪韓歓迎!日本問題や北朝鮮問題すべてが同時に解決しますように」

「韓中、日朝の関係改善…かつて新羅と唐、高句麗と倭の同盟関係だ(歴史は繰り返す)」

「韓国は米国と中国間の平和の架け橋の役割をしなければならない。そうすれば自然と(南北)統一の日もやって来るだろう」

「韓国が中国と急速に接近するなんて、90年代までは考えられなかった。これからは敵も味方もない。それが国際社会であり、外交だ」

「米国が最も頭を痛めているのが北朝鮮の核問題だとしたら…韓国が中国と親密な関係を維持して統一を遂げ、核問題を解決できるなら、それこそまさに米国も願っていることではないか」

「中国外交は必ず進めなければならない。北朝鮮と日本に同時に圧力をかけながら、米国に対する東アジアでの影響力を高められるし、G2(米国・中国)の中国から経済的利益を得られる絶好のチャンスだ」

「外交は一歩でも間違えたら国の破滅にもつながる。米国が日本に味方していて寂しいからといって、中国に付いたら中国の属国になってしまう。経済的に密接な関係がある中国に食ってかかるのは良くないが、青瓦台(大統領府)と外交部は米国が一番親しい国であるという事実を忘れてはならない」(翻訳・編集/まつ・むら)

関連記事

<習近平訪韓>韓国3大紙が1面に習主席の署名記事、異例の対応で良好関係をアピール―中国メディア

3日、中国の習近平国家主席の韓国訪問を受け、朝鮮日報、東亜日報、中央日報の韓国3大紙は同日朝刊1面に習主席の署名記事を掲載した。記事は「中韓はともに追い風に乗っている」と良好な関係をアピールする内容となっている。

Record China
2014年7月3日 23時39分
続きを読む

<習近平訪韓>ソウル市民「尖閣は中国の土地」と叫び歓迎=「韓国がいなければ日中関係は良好」―中国ネット

3日、中国の習近国家主席が訪韓。習主席の訪韓に先駆け、韓国・ソウルで2日、市民らが「尖閣諸島は中国の土地」などと書かれた横断幕を掲げ、歓迎した。同集会に関して、中国のネットで多くのコメントが寄せられている。写真は習主席を歓迎する韓国。

Record China
2014年7月4日 10時40分
続きを読む

集団的自衛権行使容認の閣議決定に、韓国は懸念モード=「恥知らず!」「竹島が危険」「韓国も核武装を」

1日、日本政府は臨時閣議を開き、従来の憲法解釈を変更し、日本と密接な関係を持つ国が武力攻撃を受けた際に、日本が攻撃されていなくても反撃できる集団的自衛権の行使を容認すると決定した。韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2014年7月3日 11時6分
続きを読む

ランキング