Record China

ヘッドライン:

「人民の公僕は精神崩壊寸前」=習主席は汚職取り締まり強化をいつまで続けるのか―ドイツ紙

配信日時:2014年7月4日(金) 7時45分
拡大
2日、独紙FAZは、中国軍制服組の元最高幹部、徐才厚前中央軍事委員会副主席ら4人が賄賂を受け取っていたとして党籍を剥奪された問題に関連し、「中国の公僕は精神崩壊寸前だ」と伝えた。写真は中国共産党の反腐敗ポスター。
(1/2枚)

2014年7月2日、米華字メディアによると、独紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)は、中国軍制服組の元最高幹部、徐才厚(シュー・ツァイホウ)前中央軍事委員会副主席ら4人が賄賂を受け取っていたとして党籍を剥奪された問題に関連し、「中国の公僕は精神崩壊寸前だ」と伝えた。

その他の写真

徐才厚氏の失脚は軍に対するメスだけにとどまらない。徐氏は中国共産党中央政治局委員でもあった。今回の汚職摘発に対する力の入れようは、従来とは比べ物にならないほど大きい。他にも複数の高官が免職・逮捕されている。

習近平(シー・ジンピン)国家主席と汚職撲滅担当の王岐山(ワン・ジーシャン)中央紀律検査委員会書記は、多くの幹部たちに巨大なプレッシャーをかけている。その一方で、中国の汚職や地下経済はかつてないほどの規模に達している。「反汚職への取り組みは行き過ぎではないのか」と習主席の鉄腕ぶりを疑問視する党関係者も少なくない。

今回の反汚職の特徴は、期間が長期に及んでいることだ。一党制の下では、反汚職は政治的ライバルを攻撃し、空いたポストに自らの腹心を座らせるための道具であり、大衆の支持を得やすいものでもある。

スイス紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(NZZ)は次のように論じている。

中国では、官僚が罪を犯すと「冷静さを保てなかった」「理性を失った」などと言われる。だがこれは、彼らの罪の重大さを無意識に軽減することにつながりかねない。彼らの自律意識が信頼できるものであれば、庶民は、汚職に手を染めない官僚の就任を待つだけでよい。中国の歴史ではこうした清潔な官僚の言い伝えに事欠かない。だが、それはあくまでも伝奇小説の中でのことなのだ。

中国の歴史をさかのぼり、そこに汚職の源があるからといって、現代の中国の汚職官僚の違法行為が許されるはずはない。大切なのは、反汚職キャンペーンがどれほどの効果があるのかということだ。同様に腐敗がはびこる法曹界の改革に加え、効果的な監督制度を確立しなければならない。この点において、中国はフィンランドやデンマークなどの汚職撲滅の経験を学ぶべきかもしれない。(翻訳・編集/NY)

関連記事

習近平の反汚職取り締まりは最終章へ、メディアが周永康氏家族逮捕を初めて報道―中国

3日、東方日報はこのほど、SNSで周永康氏の息子、周斌夫婦がすでに逮捕されたことを報じた。また、周斌の父という触れ込みで周永康氏についても取り上げている。中国本土メディアが周永康氏の家族逮捕を報じた初の事例となった。写真は周永康氏。

Record China
2014年3月3日 16時21分
続きを読む

ランキング