Record China

ヘッドライン:

中国で進む汚職取り締まり、大物に続々調査のメス―米メディア

配信日時:2014年7月1日(火) 10時35分
拡大
30日、世界で最も多い兵士数を誇る中国軍のナンバー2、徐才厚元大将が汚職の罪で軍事法廷に送られることになった。写真は徐元大将。
(1/2枚)

2014年6月30日、世界で最も多い兵士数を誇る中国軍のナンバー2、徐才厚(シュー・ツァイホウ)元大将が汚職の罪で軍事法廷に送られることになった。米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版が伝えた。

その他の写真

徐元大将は去年退職しているが、在職中に職務を利用し他人を昇進させ見返りに賄賂を受け取ったとして、ここ数カ月は事実上の軟禁状態にあった。中国指導部が推進している汚職取り締まりで処分された者の中で最も職位が高い。

また中国メディアによると、徐元大将のほか国家資産管理委員会元主任、公安部元副部長、石油天然ガス会社の元副社長も党籍をはく奪された。3人は反汚職取り締まりの大本命とみられている前中国共産党中央政治局常務委員の周永康(ジョウ・ヨンカン)氏と近い関係にあるとされる。周氏本人も現在拘束されているとみられるが、まだ公式な発表はされていない。(翻訳・編集/YM)

関連記事

ランキング