Record China

ヘッドライン:

脱法ハーブ暴走事件で中国人女性が犠牲、社会に広がる追悼の声―日本

配信日時:2014年6月29日(日) 19時0分
拡大
28日、BBC中国語版サイトは記事「東京で華人の死亡事件、日本社会の大勢は同情」を掲載した。異国の地で無念の死を遂げた林さん。日本社会には彼女の死を悼む声が広がっている。写真は事件現場。
(1/3枚)

2014年6月28日、BBC中国語版サイトは記事「東京で華人の死亡事件、日本社会の大勢は同情」を掲載した。

その他の写真

24日、東京・池袋で脱法ハーブを吸った男が運転する車が歩道を暴走。歩行者を次々とはね1人が死亡、7人が負傷する事件が起きた。死亡したのは中国人の林雪琴(リン・シュエチン、30)さん。

異国の地で無念の死を遂げた林さん。日本社会には彼女の死を悼む声が広がっている。事件現場では多くの人が献花。ネットには「家族は辛いでしょう」「安全な日本でこんなことになるなんて。日本の恥だ」「国籍は関係ない、かわいそうだ」などの追悼の言葉があふれた。

一部には中国を批判する言葉もあるが、数でみると哀悼の意を示す人が圧倒的。日本人には「死者は神になる」という思想がある。誰であろうとも死者は丁重に弔うのが一般的だ。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング