Record China

ヘッドライン:

中国ネチズン、「試合後のごみ拾い」韓国起源説にブーイング「日本の美徳パクるな」「ごみまで自分のもの」

配信日時:2014年6月25日(水) 3時40分
拡大
1/2枚
2014年6月23日、サッカーブラジルW杯で話題になった日本人サポーターによる試合後のごみ拾い。在日本大韓民国民団(民団)が発行する機関紙・民団新聞(電子版)は、試合後のごみ拾いの起源は韓国人サポーターにあると伝えた。

その他の写真

記事によると、86年メキシコW杯の出場権をかけ、国立競技場で行われたアジア最終予選の日韓戦で、1−2で敗れた日本のサポーターが試合後に、バックスタンドで応援していた在日韓国人の応援席にごみを投げ飛ばした。

韓国サポーターが周囲のごみを集めて清掃するのを見ていたのが、後の「ウルトラスニッポン」の代表であり、彼は12年後の日韓戦で、青のビニール袋を持参するようサポーター仲間に呼びかけたという。

このニュースに、中国版ツイッターは大ブーイングだ。以下は主な書き込み。

「韓国にも日本にも行ったことがあるけど、韓国の街はごみが多く、日本はとてもきれいだった。他人の良い点を自分のことのように言うのはやめたほうがいい。誇張好きな民族だ」

「ごみまで自分たちのものかよ」
「韓国はいますぐ、ごみ拾い文化を世界遺産に申請しろ」

「国は小さいのに、面の皮は厚いな」
「こんなことで張り合って、何の意味があるんだ?」
「韓国はほんと、特別な国だよ」
「この自信はどこから来るんだ」
「ここまで恥知らずだとは」

「日本人は何でも否定し、韓国人は何でも自分のものにする。奇妙な隣国だよ」(翻訳・編集/NY)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング