マカオ、スリで入手したコンサートチケットを転売の中国人男女逮捕 07-16 09:44
≪韓国ドラマREVIEW≫「正直にお伝えします!?」5話あらすじと撮影秘話…ついにコ・ギョンピョとカン・ハンナのキスシーン=撮影裏話・あらすじ 07-16 09:24
テマセク、インドに3年で最大100億ドル投資へ 中国には警戒姿勢 07-16 09:25
≪韓国ドラマREVIEW≫「正直にお伝えします!?」4話あらすじと撮影秘話…カン・ハンナからのデートの誘いを断るコ・ギョンピョ=撮影裏話・あらすじ 07-16 09:11
≪韓国ドラマREVIEW≫「正直にお伝えします!?」1話あらすじと撮影秘話…男に突然襲われ机に押し付けられるコ・ギョンピョ=撮影裏話・あらすじ 07-16 09:09
Fosi Audio、PFFB技術を採用したモノラルパワーアンプ「V3 Mono」。Makuakeにて先行販売開始 07-16 09:08
生成AIの企業普及、中国が米国を引き離し世界トップに―独メディア 07-16 09:07
国際ドラゴン賞(International Dragon Award)(IDA) - 名誉を通じて業績と組織の卓越性を推進し、世界の金融保険業界の繁栄する発展をリード! 07-16 09:39
筑波大は「勇敢」だった 誹謗中傷から監督が“防波堤”に…エースが告白、天皇杯の軌跡【コラム】 07-16 09:14
バスケ林咲希&クライミング安楽宙斗&レスリング藤波朱理&バレー石川真佑&スケボー小野寺吟雲のモチベ曲 07-16 08:58

「陳情令」「明蘭」を超えた?!人気ドラマ「蒼蘭訣」のヒット指数が1万超に

anomado    2022年8月24日(水) 8時30分

拡大

愛奇芸で7日に配信を開始し、大注目を集めている「蒼蘭訣」。22日にドラマの人気度を表す「ヒット指数」が1万を超えたと報じられ、ファンの間で歓喜の声が上がっている。

愛奇芸(iQIYI、アイチーイー)で7日に配信を開始し、大注目を集めているファンタジー時代劇蒼蘭訣」。22日にドラマの人気度を表す「ヒット指数」が1万を超えたと報じられ、ファンの間で歓喜の声が上がっている。

「ヒット指数」とは、各動画配信プラットフォームがドラマの配信開始から終了までの視聴時間、視聴維持率、視聴者間によるシェア・投稿数・「いいね」の数などを基に、独自の方式で算出するもので、騰訊視頻(テンセントビデオ)の場合、指数が3万を超えると「大ヒット作」に分類され、優酷(YOUKU)は9000、愛奇芸は8000が評価のラインになっている。

今まで愛奇芸で配信された数々の人気作品の中で、ヒット指数が1万を超えた作品は「贅婿[ぜいせい]~ムコ殿は天才策士」(1万176)、「人世間」(1万98)のみだったが、「蒼蘭訣」が3番目にこの快挙を果たした。

記憶に残る中国人気ドラマのヒット指数と配信プラットフォームを見ると、

陳情令」(9981.83 騰訊視頻)

「Go!Go!シンデレラは片想い(原題:親愛的、熱愛的)」(9956 衛星テレビ)

狼殿下-Fate of Love-」(9502 騰訊視頻、愛奇芸、YOUKUの共同配信)

「男たちの勲章~栄光への旅立ち~(原題:王牌部隊)」(9289 衛星テレビ)

「風起洛陽〜神都に翔ける蒼き炎〜」(9257 愛奇芸)

「明蘭~才媛の春~(原題:知否知否応是緑肥紅瘦)」(8814 衛星テレビ)

「花様衛士~ロイヤル・ミッション~(原題:錦衣之下)」(8621 マンゴーTV、愛奇芸の共同配信)

となっていて、「蒼蘭訣」がいかに爆ヒットしているのかがうかがえる。

ヒット指数の発表を受けてドラマに出演したユー・シューシン(虞書欣)とワン・ホーディー(王鶴棣)は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に相次ぎ喜びのコメントを投稿し、この日に至るまでの努力と感謝の思いをつづった。

一方で、ファンの間ではそれぞれの出演者が配信当初に立てた3大フラッグに関心が寄せられ、チャン・リンホー(張凌赫/長[王行]仙君役)の水中飛び込み(指数9000超)、ワン・ホーディーのガールズダンス(同9500超)、ワン・ホーディーとユー・シューシンのラップ(同1万超)が有言実行されることを待ち望んでいるとのコメントが多く書き込まれた。(編集/RR)

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携