Record China

ヘッドライン:

第3回日中出版界友好交流会がまもなく開催、中国出版代表団35名が出席へ―東京

配信日時:2014年6月20日(金) 19時50分
拡大
20日、日本と中国の出版界における交流を促進する第3回「日中出版界友好交流会」が7月3日、東京の文京区シビックセンターで開催される。写真は昨年の第2回交流会。

2014年6月20日、日本と中国の出版界における交流を促進する第3回「日中出版界友好交流会」が7月3日、東京の文京区シビックセンターで開催される。

主催は中国環球新聞出版発展有限公司、日本僑報社。後援は日中協会、日中文化協会、NPO法人日中交流支援機構など、協力は日中翻訳学院。

交流会には中国側から中国国家新聞出版広電総局 印刷発行管理司の譚●(タン・ウェン、●=さんずいに文)副司長(副局長)を団長とする中国出版代表団一行35人が出席する。

第3回を迎えた今回は、「日中翻訳出版ビジネスと日中文化交流」をテーマとして「日本における中国関連図書の刊行状況」について日本書籍出版協会の中町英樹専務理事が、また「中国における日本関連図書の刊行状況」について譚団長がそれぞれ報告する。

さらに、「日中著作権ビジネス」や「出版社及び著訳者の取り組み」に関する実践報告のほか、「日中相互信頼促進における出版界の役割と課題」と題する報告を日中双方の専門家、実務者らが行う予定だ。(編集/武藤)

関連記事

中国を代表する経済学者、陳雨露教授の著作「人民元読本」まもなく刊行―日本

28日、中国の著名な経済学者で、中国人民銀行(中央銀行)の通貨政策委員会委員も務める陳雨露(チェン・ユールー)教授の「人民元読本―今こそ知りたい!中国通貨国際化のゆくえ―」(原書「人民幣読本」、中国人民大学出版社)が4月に日本僑報社から刊行される。

Record China
2014年1月28日 17時59分
続きを読む

ランキング