世界500社番付、中国企業の総売上高が初めて米企業を抜く―米誌

人民網日本語版    2022年8月5日(金) 15時30分

拡大

2022年版世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」によると、番付入りした企業の総売上高の中で中国企業の占める割合は31%に達し、初めて米国企業を抜いたという。写真は北京。

米誌フォーチュンの中国語版サイトが3日に発表した2022年版世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」によると、番付入りした企業の総売上高の中で中国企業の占める割合は31%に達し、初めて米国企業を抜いたという。中国新聞網が伝えた。

同番付を見ると、ウォルマートが9年連続で世界最大の企業となり、アマゾンが2位に躍進し、中国の国家電網が3位だった。中国石油天然ガス集団が4位で、中国石油化工集団が5位。フォルクスワーゲンが8位に入り、13位のトヨタを抜いて「世界最大の自動車メーカー」の座を奪還した。

同番付に入った中国企業は145社あり、大企業の数では前年に続き各国のトップに立った。比較の対象として米国企業を見ると、今年は前年比2社増の124社が番付入りした。また、500社の総売上高のうち中国企業が31%を占め、割合で初めて米国企業を抜いた。米国企業が占める総売上高の割合は番付全体の30%だった。

同番付によると、今回は新たに番付入りした企業と復活した企業が44社に上り、そのうち中国企業は14社だった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携