「南京大虐殺」戦犯の名前を商標登録出願、代理人「知らなかった」―中国メディア

Record China    2022年7月26日(火) 19時0分

拡大

1937年の「南京大虐殺」などの責任を問われた旧日本軍の軍人で、南京軍事法廷で死刑となった谷寿夫陸軍中将の名前が、中国で2021年4月に商標登録出願されていたと、中国の複数のメディアが報じた。

1937年の「南京大虐殺」などの責任を問われた旧日本軍の軍人で、南京軍事法廷で死刑となった谷寿夫陸軍中将の名前が、中国で2021年4月に商標登録出願されていたと、中国の複数のメディアが報じた。

インターネット上での指摘を受け、代理人である雲南省の企業は25日、「当初、照会せず、谷寿夫が戦犯とは知らなかった」と回答。今月初めに取り下げをしたという。

中国では最近、南京市の寺院に、「南京大虐殺」の責任を問われ旧日本軍のA級戦犯とされた軍人らの位牌が祭られていたことが分かり、インターネット上で批判が殺到し、市が関係者を処分した。(翻訳・編集/柳川)

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携