<サッカー>黄色人種はフィジカルで劣る?では、なぜ韓国はW杯ベスト4に入れたのか?―中国ネット

配信日時:2014年6月17日(火) 12時3分
<サッカー>黄色人種はフィジカルで劣る?では、なぜ韓国はW杯ベスト4に入れたのか?―中国ネット
画像ID  425542
15日、ブラジルワールドカップの初戦を迎えた日本は、コートジボワールに1−2で逆転負けを喫した。そのような中、百度の掲示板に登場した2002年日韓W杯に関する書き込みが注目を集めている。資料写真。
2014年6月15日、ブラジルワールドカップ(W杯)の初戦を迎えた日本は、コートジボワールに1−2で逆転負けを喫し、黒星スタートとなった。この試合では、コートジボワールが終始、身体能力で日本を圧倒した。ネットユーザーからは「フィジカルの弱さはアジアサッカーの難題」との指摘も出ている。

その他の写真

そのような中、中国最大のポータルサイト・百度の掲示板に「黄色人種はフィジカルで劣る?では、2002年の日韓W杯で、韓国はなぜ欧州の強豪国を倒し、ベスト4に進出することができたのだ?」とする書き込みが現れ、ほかのネットユーザーが見解を示している。以下は寄せられたコメントの一部。

「ははは、冗談のつもりか?」
「語るまでもないサッカー史の恥辱」
「あれはブラックな大会だった」

「審判を丸め込めば、動物でもベスト4に入れる」
「韓国は理不尽なサッカーでイタリア、スペイン、ポルトガルを破った」

「一つは気候。もう一つは有利な判定」
「審判の件は確かにあるだろうが、当時は日韓ともに相手に当たり負けしてなかった」

「審判を買収したと言うけど、買収すれば中国でもベスト4に入れるのか?」
「韓国は審判に頼っただけではベスト4に入れなかった。ヒディンク監督と優秀な選手、サポーターの応援があったからこそ。前提として、欧州の2流チームに勝てる実力と、世界の強豪チームに勝るフィジカルを持っていた」

「2002年の韓国のベスト4はほとんど“笑い話”だ」
「2002年大会の最大の意義は、世界の人々に韓国人がどういう民族かを知らしめたこと」(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事