「日本の守備は堅かった」「北朝鮮は問題に直面」なでしこJの五輪出場を中国メディアも注目!“山下の1ミリ”には疑念「ゴールラインを割っていたのではないかと疑問が残る」 02-28 21:23
「日本側にかたよった判定が見受けられた」北朝鮮指揮官が日本戦の判定に不満。「ゲストの私たちをもう少し尊重しても...」 02-28 21:22
北朝鮮監督が審判に怒り「日本チームに偏った、かばうような判定が見受けられた」 02-28 21:25
北朝鮮代表 リ・ユイル監督「釈然としないものもありますけど」「VARがあれば」猛抗議のシーンで思い吐露 02-28 21:23
『Close Friend3~Soju Bomb!~』FODで日本独占配信!新たなキャストでおくるタイの人気BLドラマシリーズ第3弾 02-28 21:16
北朝鮮監督、日本戦黒星後の韓国紙の質問を回答拒否「神経を逆なでするような質問をなさる媒体」 02-28 21:15
サッカー女子、日本が五輪切符 02-28 21:16
北朝鮮監督、会見で涙 なでしこJに敗戦…パリ五輪逃し「大変申し訳ない気持ちでいっぱい」 02-28 21:13
「ドラえもんの道具で一番欲しいのは?」台湾人の人気1位は…―台湾メディア 02-28 21:13
「パリでは一番いい色のメダルを」なでしこジャパン池田太監督が決意 2戦合計2-1で逃げ切り「タフな環境で勝ちきり成長」【女子サッカー・パリ最終予選】 02-28 21:13

パナソニックが「EVの心臓」で新技術、どこがすごいのか―中国メディア

Record China    2022年7月14日(木) 14時0分

拡大

中国メディアの環球網は14日、「パナソニックが2030年までにバッテリーのエネルギー密度を20%向上させる新技術を開発している」と報じた。

中国メディアの環球網は14日、「パナソニックが2030年までにバッテリー(電池)のエネルギー密度を20%向上させる新技術を開発している」と報じた。

記事は、新技術について「バッテリーの体積が同じであれば、テスラ電気自動車『モデルY』の走行距離を100キロ以上向上させることができる。走行距離が変わらない場合は、車内のスペースをより広く、あるいは車体をより軽量化した電気自動車(EV)を設計することが可能になる」とその効果を説明した。

そして、パナソニック・エナジーの渡邊庄一郎・最高技術責任者(CTO)が海外メディアの取材に対し、「バッテリーの性能を損なうことなく、個々のセルを高電圧で動作することを可能にする新しい添加剤の組み合わせを使用する」と述べたことを伝えた。

記事は、「周知のようにバッテリーは電気自動車の心臓として、最も重要なポイントとされてきた」と指摘した上で、「パナソニックは今年2月、テスラ向けの新型リチウムイオン電池4680セルの生産を開始すると発表。開発は順調に進んでおり、競合他社に先んじて2023年にテスラに供給を開始する見通しだ」と伝えている。(翻訳・編集/北田

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携