日本サポーター、敗戦の後でもごみ拾い=「世界の手本だ!」「あの歴史さえなければ…」―中国版ツイッター

配信日時:2014年6月17日(火) 2時30分
日本サポーター、敗戦の後でもごみ拾い=「世界の手本だ!」「あの歴史さえなければ…」―中国版ツイッター
画像ID  425443
16日、鳳凰体育によると、14日に行われたサッカーのブラジルワールドカップグループリーグ初戦で、日本はコートジボワールに逆転負けを喫したが、試合後の日本サポーターの振る舞いに中国版ツイッターで称賛の声が上がっている。
2014年6月16日、鳳凰体育によると、14日(現地時間)に行われたサッカーのブラジルワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦で、日本はコートジボワールに逆転負けを喫したが、試合後の日本サポーターの振る舞いに称賛の声が上がっている。

その他の写真

日本を訪れた多くの人が、この国は清潔だと感嘆する。そして、その精神は日本サポーターによってブラジルW杯のスタジアムでも発揮された。

歴史的な要因から、ブラジルには日本人や日系人が多く住んでいる。そのため、スタジアムには日本代表を応援するサポーターが大勢集まり、その中には日本から駆け付けた人もいた。この一戦は天気に恵まれず、雨の中での試合となったが、サポーターたちの熱気は冷めなかった。

注目すべきは、試合開始直後から多くの日本のサポーターの手に、ごみ袋のような青いビニール袋があるのが見られたことだ。ネット上では「あれは何だ?」といぶかしがる声も出ていた。試合終了後、その答えが明らかになる。

日本代表はコートジボワールに逆転負けという悲劇に遭い、日本のサポーターたちも落ち込んでいた。しかし、そのようななかでも、周囲に落ちていたゴミを拾い、持っていた青いビニール袋に入れてからスタジアムを後にしたのだ。この行動に多くのサッカーファンは感服させられたという。

このニュースが伝えられると、中国版ツイッターには多数のコメントが寄せられた。以下はその一部。

「日本のサポーターに“いいね”!」
「どうしよう、称賛したくてたまらない!」
「良心だ。これこそ、私が日本を尊敬している理由」

「これが差というものだろう」
「中国人は自分たちが落としたごみも拾わないだろう」
「中国代表よ、私にW杯のスタジアムを掃除するチャンスを与えてくれ」

「これこそが、この民族の恐ろしいところだ」
「あの歴史さえなければ、日本はとても可愛いご近所さんだ」
「どんなに日本が嫌いでも、彼らの素養の高さは認めざるを得ない」

「日本国民の素養は、わが国の100年先を行っている」
「ポイントは『負けたのにもかかわらず』というところ」
「日本のサポーターは世界の手本」(翻訳・編集/TK)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事