Record China

ヘッドライン:

国民にフェイスブック使用を禁止している中国政府、自身は海外でのPR活動に活用―仏メディア

配信日時:2014年6月17日(火) 7時30分
拡大
13日、中国政府は海外SNSを国内で一般利用することを禁止しているが、政府機関はSNSを利用して海外における中国のPR活動を拡大している。
(1/2枚)

2014年6月13日、ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)中国語サイトによると、中国政府はフェイスブックやツイッターなど世界的に利用されているソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の国内での一般利用を禁止しているが、政府機関はそうしたSNSを利用して海外における中国のPR活動を拡大している。

その他の写真

中国政府はネット上も含めた言論の規制を行っており、海外SNSへのアクセスも中国国内では遮断されている。しかし、民間企業や個人の中には政府による規制や検閲システムを回避してPRなどに使うケースも出てきている。その多くは締めつけの緩い香港などからアクセスしている。

AFP通信によると、中国の国営通信社・新華社や人民日報、中国中央テレビ、さらに中国政府機関がフェイスブックを海外でのPRに大々的に活用しており、杭州市など地方政府も香港事務所などから観光PRにフェイスブックを利用。地方政府はPRに多額の経費をかけており、海外SNSを利用したPRも地方政府に大きな収益をもたらすとみている。

そうした中、フェイスブックはSNSにおける広告の需要に注目し、シェリル・サンドバーグCOO(最高執行責任者)が中国市場への進出を中国政府と交渉し、注目を集めた。中国のネットユーザーらは政府のSNSに対する姿勢を「ダブルスタンダードではないか」と不満を募らせている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

韓国教授が日本代表の「旭日旗」ユニホームを問題視!=「どこが?」「軍国主義の発祥も韓国」―中国ネット

2日、韓国の教授が日本代表のユニホームから軍国主義の象徴である「旭日旗」のマークを削除するよう求める手紙をFIFAなどに送ったことについて、中国のネットユーザーは疑問の声を寄せている。写真はサッカー通り。

Record China
2014年6月3日 12時35分
続きを読む

<中華ボイス>国家指導者はまるで皇帝!名前すら検索できない閉鎖的な社会―中国ネットユーザー

23日、中国のネットユーザーは、「今は社会が情報化しているが、まるで皇帝がいた時代のように国家指導者の名前はミニブログで検索できない。発展した社会においても中国では国家指導者の名前は敏感なワードなのだ」と発言した。写真は携帯電話でミニブログを利用する人。

Record China
2012年11月28日 6時11分
続きを読む

ランキング