韓国新首相候補が過去の失言を謝罪=「植民地支配は神の意志」「日本の“慰安婦謝罪”不要」―中国メディア

Record China    2014年6月16日(月) 7時55分

拡大

15日、中国新聞社は記事「韓国新首相候補、慰安婦問題に関する不適切な発言を謝罪」を掲載。韓国の朴槿恵大統領は文昌克氏を新首相候補に任命した。ところが文氏の「不適切な発言」が次々に発覚。野党は首相指名撤回を求めて批判を強めている。写真は韓国の慰安婦像。

(1 / 2 枚)

2014年6月15日、中国新聞社は記事「韓国新首相候補、慰安婦問題に関する不適切な発言を謝罪」を掲載した。

その他の写真

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は元中央日報主筆の文昌克(ムン・チャングク)氏を新首相候補に任命した。ところが文氏の「不適切な発言」が次々に発覚。野党は首相指名撤回を求めて批判を強めている。

問題発言の一つが日本による植民地支配や南北分断を「神の意志」と発言したこと。2011年、2012年にソウルの教会での発言だった。もう一つは韓国は自らの力で慰安婦被害者を保護することができる、日本の謝罪は不要だというもの。新聞社時代のコラムや2013年4月のソウル大学での授業での発言だった。

文氏は不適切な発言だったとして謝罪。従来の発言は言論人としてのものだったとして、首相就任後は職位にふさわしい発言をすると約束している。(翻訳・編集/KT)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携