Record China

ヘッドライン:

米専門家「米国と中国の武力衝突はありえない」=封じ込めには200万の兵力必要―フィリピン紙

配信日時:2014年6月17日(火) 6時10分
拡大
9日、米ジョージ・ワシントン大学サッター教授はフィリピン大学で開催されたフォーラムで、米国のアジア回帰やフィリピン等同盟国との関係強化は中国に武力で敵対するためのものではないと語った。写真は軍事訓練を受ける中国の若者。
(1/3枚)

2014年6月9日、米ジョージ・ワシントン大学国際関係学部のロバート・サッター教授はフィリピン大学で開催されたフォーラムで、米国のアジア回帰やフィリピン等同盟国との関係強化は中国に武力で敵対するためのものではないと語った。フィリピン英字紙・フィリピンスターの報道を参考消息が伝えた。

その他の写真

サッター教授は「中国は経済発展にともない、軍事力を拡大させているが、米国との衝突に耐えられるものではない。オバマ大統領も中国に敵対する意図はない。中国は米国の貿易パートナーで、中国と敵対する方針は国民の支持を得ることはできない」と述べ、米国が中国を抑えこむには200万人以上の兵力が必要で、到底不可能だと語った。

サッター教授は、米国が中国に武力の使用をやめさせ、紛争のある海域での高圧的な政策を放棄させると同時に、良好な関係を築こうとしていると語った上で、「中国の外交政策は失敗している。隣国に対し平和的台頭であると説得を試みつつ、一方的な行動を起こし、近隣に疑惑の種をまいている。そのため中国は西側の大国と敵対することができないのだ」と述べた。サッター教授は、米国の国際的地位が下落していることは認めつつ、米国は依然としてアジアを指導する立場にあると述べた。

サッター教授は「アジアは安定しているとは言えない。相互に好感を持たず、不信があるが、ともに協力していく必要がある。米国は太平洋の向こう側にいるが、アジアの安定に寄与したい。それはアジアを愛しているからではなく、そうすることが米国人の利益になるからだ」と語った。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

橋下市長「慰安婦で日本だけ批判おかしい、米国もやっていた」=中国ネット「日米のかみつき合い、見もの」

16日、大阪市の橋下市長が街頭演説で、第2次世界大戦中に米国などの連合国軍の兵士がフランス人女性に乱暴した事実があるとした上で、「日本の慰安婦問題だけが批判されるのはおかしい」との考えを示した。写真は上海にある慰安婦資料館。

Record China
2014年6月16日 17時47分
続きを読む

ランキング