最新の韓国ドラマ「還魂」、「将夜」や「陳情令」など数々の中国ドラマから盗作疑惑

anomado    2022年6月24日(金) 11時30分

拡大

Netflix(ネットフリックス)でも配信中の韓国ドラマ「還魂」について、複数の中国ドラマからの盗作を疑う声がネットに出現し、比較画像も次々と登場している。

(1 / 2 枚)

Netflix(ネットフリックス)でも配信中の韓国ドラマ「還魂」について、複数の中国ドラマからの盗作を疑う声がネットに出現し、比較画像も次々と登場している。

その他の写真

「還魂」は「主君の太陽」や「ホテルデルーナ」など、数々のヒット作を手がけた有名脚本家・ホン姉妹が脚本を担当。もともとオンエア前に公開されたポスタービジュアルでも衣装や雰囲気が、「仙侠ドラマ」「玄幻ドラマ」と呼ばれる中国ファンタジー作品に酷似していると指摘されていた。

第1話のオンエア後、韓国のネット上では中国ドラマ「将夜~戦乱の帝国~」との相似点を指摘する声が上がった。「還魂」は架空の国を背景に、魂を変える“還魂術”によってねじれた運命を持つ主人公たちが、数々の困難を克服して成長する姿を描くファンタジーロマンス。韓国のネットでは2つの作品を比較して、男女の主人公が主従関係に設定されている点や、男性主人公が父を殺した敵への復讐を行う点、女性主人公が一見平凡だが、実は高貴な身分であることなどが「将夜」に酷似していると指摘された。

また、「還魂」1話の氷上の決闘シーンも、「将夜」にほぼ同じシーンがあるとして比較画面が登場。なお「将夜」だけではなく、2019年に大ヒットした武侠ファンタジーの「陳情令」をはじめ、「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「千古玦塵」「招搖」などといった人気中国ドラマと、衣装やカメラワーク、セリフなどの相似点を指摘する声も上がり、中国のネット上にも比較画像が次々に登場している。

ホン姉妹は「ホテルデルーナ」で日本の漫画や中国ドラマから、別の人気ドラマでも韓国の小説からの盗作を疑われた過去があるだけに、ネット上では今回の疑惑について説明を求める声が上がっている。(Mathilda)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携