23日に火星と月が大接近へ―中国メディア

人民網日本語版    2022年6月22日(水) 18時20分

拡大

天文科学教育専門家によると、23日未明に火星と月が大接近する。写真は天津市の天文愛好家の王碩氏が21年4月17日に撮影した火星と月の大接近。

天文科学教育専門家によると、23日未明に火星と月が大接近する。天気が良ければ肉眼でも観測できるという。

火星と月の大接近とは、火星と月が同じ黄経に達すると発生する天体の現象で、地球から見ると火星と月が寄り添っているように見える。

中国天文学会会員で、天津市天文学会理事の修立鵬(シウ・リーポン)氏によると、北京を例にすると、23日午前2時16分(日本時間同3時16分)ごろから大接近が正式に始まり、最接近時はおよそ1.6度となる。

火星と月の大接近は一般的な天体の現象だが、これほど注目される重要な理由は火星そのものにある。火星は太陽系のハビタブルゾーンに位置する地球型惑星であり、人類の注目度が最も高い惑星でもある。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携