<ブラジルW杯>クロアチア監督、日本人主審のPK判定に激怒!=「荷物をまとめて帰った方がマシ!」―中国メディア

Record China    2014年6月13日(金) 9時33分

拡大

13日、新浪体育によると、同日行われたブラジルワールドカップの開幕戦でブラジルに与えられたPKの判定に、相手国クロアチアの監督の怒りが収まらない。写真は開幕戦が行われたサンパウロのスタジアム。

(1 / 2 枚)

2014年6月13日、新浪体育によると、同日行われたブラジルワールドカップ(W杯)の開幕戦でブラジルに与えられたPKの判定に、相手国クロアチアの監督の怒りが収まらない。

その他の写真

この試合では開催国のブラジルが3−1でクロアチアに逆転勝利した。しかし、日本人の西村雄一主審が下したPKの判定が物議を醸している。

問題のシーンは69分、ペナルティーエリア内でボールを受けた、ブラジルのFWフレッジの肩にクロアチアDFの手が触れ、フレッジが後ろに倒れると、西村主審はペナルティースポットを指し、試合の流れを変えるPKを与えた。このPKをネイマールが決めてブラジルが2−1と勝ち越した。

この「微妙な判定」について、クロアチアのニコ・コバチ監督は怒りをあらわにして次のように語っている。

「あれがPKなら、今大会で少なくとも100個のPKを見ることができるだろう。われわれはサッカーなどする必要はない。いっそ、バスケットボールでもすればいい。恥辱だ!フレッジは85キロもある男だ。あの程度の軽い接触で倒れるはずがない。このような状況でスタートするなら、私たちはさっさとあきらめよう。荷物をまとめて家に帰った方がマシだ!」(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携