Record China

ヘッドライン:

訪日中国人観光客、中国のルールに合わせた結果、大失敗!―中国ネット

配信日時:2014年6月13日(金) 6時10分
拡大
11日、中国のインターネット上に、中国人観光客がつづった「日本のツアー旅行でのおもしろいこと」と題するブログが掲載された。写真は中国人観光客。
(1/2枚)

2014年6月11日、中国のインターネット上に、中国人観光客がつづった「日本のツアー旅行でのおもしろいこと」と題するブログが掲載された。以下はその概要。

その他の写真

日本人は時間に正確だというが、ツアー旅行では絶対に時間を守らなければならない。いくら日本の製品が精巧にできているからといって、デパートで時間を忘れて買い物してはならない。バスはその場に長く留まっていられないからだ。

観光バスは私たちを目的地に送り届けた後、駐車スペースに移動する。街中では、路上に止めておくことができないため、次の場所へ移動する時間になると迎えに来る仕組みだ。たとえば、午後3時に迎えに来ると約束すれば、バスは10〜15分前にデパートの前に停車して私たちを待っている。

そして、時間が来ればバスは必ずその場を離れなければならない。さもないと高額の罰金を科されるのだ。集合時間に遅刻した人は、自分でタクシーを拾って次の目的地まで行かなければならない。しかも、日本のタクシーは非常に高い。

ある日、銀座で買い物をしていたときのこと。私はガイドが言った午後2時50分という集合時間を、中国のルールに合わせて午後3時だと勝手に解釈した。その結果、集合時間に5分遅れ、バスが見当たらなくなってしまった。

私たちを待っていてくれたツアーガイドは肩をすくめながら「仕方がないので、タクシーで行きましょう」と言った。私は愛想笑いをしながら「あ、タクシー代は私が払います」と返事をした。

幸い、私たちのバスはそれほど遠くには行っていなかった。バスがゆっくりと左折するのを見たガイドは、危険も顧みずバスに走り寄っていくと、私たちに早くこちらに来るようにと合図した。よかった、タクシー代を払わずに済んだ。しかし、あの台湾人現地ガイドの機敏さは、やはり中国人のそれだった。(翻訳・編集/北田

関連記事

ランキング