アニメ「ワンピース」の女性キャラを中国の保護者が「下品」と問題視=ネット爆笑「ホント笑える」

Record China    2022年6月1日(水) 17時0分

拡大

日本の人気アニメ「ワンピース」のイラストがプリントされた子ども用のボールペンに、中国の保護者が苦言を呈する様子がテレビ番組で放送された。

日本の人気アニメ「ワンピース(ONE PEACE)」のイラストがプリントされた子ども用のボールペンに、中国の保護者が苦言を呈する様子がテレビ番組で放送された。

このほど浙江広播電視で放送された番組「1818黄金眼」に登場した朱(ジュー)さんは、「息子が子どもの日(6月1日)に同級生に送るためのプレゼントとしてネットでペンを購入した」と説明。初めは気付かなかったというが、よく見るとペンとパッケージに「よろしくないイラスト」がプリントされていたといい、実物をカメラに見せた。

同商品には、アニメ「ワンピース」の女性キャラクター、ナミとニコ・ロビンがプリントされている。朱さんは「露出が多く、下品ですよね」とし、「箱に14歳以下が対象と書いていますが、14歳以下には不適切だと思います。息子は11歳なので」と話した。

また、購入したECサイト・淘宝(タオバオ)に電話で問い合わせるも「問題ない」と言われたといい、「おかしいと思いました!どうしてこれが問題ないというのか」と主張。返品を求めたものの「理由がない」として応じてもらえなかった上、「商品の写真を掲載しているので、気に入らなければ購入しなければいい」との返答を受けたという。

それでも朱さんは「小さくて(ネットの商品画面では)見えない」「もし細かく見て(発見して)いなかったら、子どもは毎日こんなペンで字を書くことになるでしょう。どんな影響があるか」などと訴えた。販売元の上海晨光文具株式有限公司についても「有名なブランドですよね。こういう商品を扱うべきではないと思います」と苦言を呈した。

一方、中国のネットユーザーからは笑いが起きており、「ロビンが告発される日が来るとは思わなかった(笑)」「『ワンピース』は本当に災難だな」「はははは、ロビンやナミでまだ良かった。女帝(ボア・ハンコック)だったら大変だぞ」「おばさん、あなたの息子はどうやって生まれてきたのさ?」「もしある日『ワンピース』も放送禁止になったら、どんな保護者が通報したのかこれ見たら分かるな」「(タオバオの)カスタマーは全く問題ない。この女性はよく考えてみるべき。ホント笑える」「こういう道理のないことで騒ぎ立てるおばさんが大勢いるから、わが国の審査基準が厳しくなるんだ」「これこそ中国の国産アニメが育たない理由」「あなたは今後、子どもを連れてプールに行かないように。全員水着着てますからね(笑)」といったコメントが続々と書き込まれている。(翻訳・編集/北田

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携