韓国のソン・フンミンが「アジア人初」プレミア得点王に迫る=中国著名解説者「複雑な気持ち」

Record China    2022年5月16日(月) 18時20分

拡大

サッカーのイングランド・プレミアリーグ(1部)トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンがアジア人初の快挙となるリーグ得点王に迫っていることが、中国でも注目されている。

サッカーのイングランド・プレミアリーグ(1部)トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンがアジア人初の快挙となるリーグ得点王に迫っていることが、中国でも注目されている。

ソン・フンミンは13日のアーセナル戦で今季21点目をマークし、リバプールのエジプト代表FWサラーに1点差に迫った。

サラーは14日のFAカップのチェルシー戦で負傷交代し、リーグ戦の残り2試合に出場できるかは不透明で、ソン・フンミンがサラーに追い付き、追い抜く可能性も出てきた。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、サラーとソン・フンミンのどちらが得点王になるかについて投票が行われた。投票に参加した5191人のうち、3583人(69%)がソン・フンミン、1608人(31%)がサラーを挙げた。

中国の著名サッカー解説者の黄健翔(ホアン・ジエンシアン)氏は15日、自身のウェイボーアカウントを更新し、「韓国選手が世界最高峰のリーグで得点王になることは、中国の一サッカーファンとして喜ばしくもあり悲しくもある」と投稿。

「喜ばしいのは、同じ東アジアの黄色人種として、身体条件は一緒であり、隣人がそのような人物を生み出せるのは、遺伝子的に問題がなく、われわれ(中国人)にもできることを物語っている」とした一方で、「悲しいのは、欧州のリーグで活躍する日本や韓国の選手が増え、ソン・フンミンはその中で最も突出した一人で、私たちの選手とは雲泥の差だ」と複雑な胸中を明かした。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携