中国製大型旅客機「C919」、交付前のテスト飛行に成功

CRI online    2022年5月14日(土) 22時40分

拡大

中国製大型旅客機「C919」(機体番号 B-001J)機は、北京時間14日午前6時52分、上海浦東国際空港を離陸し、午前9時54分に同空港に無事着陸しました。

中国製大型旅客機「C919」(機体番号 B-001J)機は、北京時間14日午前6時52分、上海浦東国際空港を離陸し、午前9時54分に同空港に無事着陸しました。これで、中国商用飛行機有限公司(COMAC)が初めてクライアントに引き渡す予定の「C919」機の初テスト飛行は成功裏に終えました。

3時間2分に及ぶ飛行中、「C919」は予定していた作業を完了し、テスト飛行と機体引き渡しの準備は順調に進んでいます。

また、中国東方航空と中国商用飛行機有限公司は2021年3月1日に上海市で、「C919」の購買契約に調印し、第1陣となる5機の「C919」はこれから、上海が主要拠点となるそうです。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携