山西省で春秋後期の高級官人の古墳発見か、打楽器・編鐘が出土―中国

人民網日本語版    2022年5月11日(水) 20時0分

拡大

山西省考古研究院は10日、現地の考古学研究者が同省洪洞県で春秋から清の時代にかけての古墳9基を発見したことを明らかにした。

(1 / 3 枚)

山西省考古研究院は10日、考古学の新たな発見を発表し、現地の考古学研究者が同省洪洞県で春秋(紀元前770‐紀元前403年)から清(1644‐1912年)の時代にかけての古墳9基を発見したことを明らかにした。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

出土した器物を分析した結果、春秋時代の古墳1基の被葬者は高級の官人である可能性があるとしている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携