Record China

ヘッドライン:

旅客船沈没事故で暴かれた韓国の真実、根深い政界の汚職―中国紙

配信日時:2014年6月9日(月) 20時31分
拡大
9日、韓国旅客船沈没事故の関連調査により、韓国社会のさまざまな問題が浮き彫りとなった。官僚の腐敗問題がとりわけ注目を集めている。写真は事故について謝罪する朴大統領。
(1/2枚)

2014年6月9日、韓国旅客船沈没事故の関連調査により、韓国社会のさまざまな問題が浮き彫りとなった。官僚の腐敗問題がとりわけ注目を集めている。人民日報(電子版)が伝えた。

その他の写真

同事故では船の検査機関と航行の安全を管理する機関の責任者がいずれも韓国海洋水産部の職員だったため、官僚とビジネス界の癒着(ゆちゃく)により、これらの機関に対する政府の管理が形骸化したと指摘する声が上がっている。

韓国では大統領が就任後に腐敗撲滅を宣言することが多いが、例外なく尻すぼみしている。元大統領の全斗煥氏や盧泰愚氏は不正で逮捕され、韓国初の女性首相・韓明淑氏は違法な政治資金を受け取ったとして、懲役2年を言い渡されるなど、韓国政界の汚職は根深い。

汚職の横行に韓国政府も対策を打ち出しているが、世界の汚職・腐敗を監視する国際NGO(非政府組織)「トランスペアレンシー・インターナショナル」が2013年12月に発表した調査報告では、政府の清潔度で日本が18位なのに対し、韓国は46位と、汚職撲滅が依然韓国にとって重要課題であることがうかがえる。(翻訳・編集/内山

関連記事

ランキング