Record China

ヘッドライン:

日本の「残業代ゼロ」、韓国は他人事ではない!=ネットユーザー「韓国もそのうち…」と戦々恐々

配信日時:2014年6月10日(火) 7時35分
拡大
近頃、「残業代ゼロ」という言葉が話題になっている。韓国もまた、長時間労働という問題をかかえているが、日本の「残業代ゼロ法案」のニュースに対してどのような反応を示しているのだろうか。写真は韓国・ソウル。
(1/4枚)

近頃、「残業代ゼロ」という言葉が話題になっている。第2次安倍内閣が、一定水準以上の年収がある人には週40時間が上限といった労働時間規制の適用を除外する「ホワイトカラーエグゼンプション」を一部の企業に対して例外的に認めることを検討している、というニュースがきっかけになったものだ。

その他の写真

OECD(経済協力開発機構)の調査や、独立行政法人労働政策研究・研修機構によるデータブックでも、日本は先進国の中で労働時間が長い傾向にあり、その主たる原因は長い残業時間だと言われている。

韓国もまた、長時間労働という問題をかかえている。今年1月の韓国・聯合ニュースの報道によれば、「韓国のサラリーマンの間では、残業こそ栄誉」「定時で退勤することは恥」「上司が帰らない限り部下も帰らない」とある。また、韓国では残業をする際に食事の時間をとることが一般的であったり、残業そのものよりも上司との飲み会で帰宅が遅くなったりする、という文化もある。

このような職業文化をもつ韓国の人々は、日本の「残業代ゼロ法案」のニュースに対してどのような反応を示しているのだろうか。以下は韓国ネット上で見られたコメントの一部。

「一番こわいのは、これが日本で実際に適用されて、韓国もそのうち真似するんじゃないかってことだよ」

「韓国は全業種、年俸全体に対して適用するだろうな」

「韓国では食事の時間をくれるけど、日本ではご飯も食べないで残業。韓国のほうがましな面もある」

「日本で働きたいと思っていたけど、考え直そう」

文化の違いはあるものの、長時間の残業は日韓共通の悩みだ。日本で起こることは、そのうち自分の身にもふりかかってくるのではないか…。まさに「明日は我が身」だ。この問題は、隣国の人々にとっても人ごとではないようだ。

■筆者プロフィール:青竹 文(あおたけ・ふみ)

1985年、東京都出身。14歳のころ何気なく韓国語を始める。自分の言葉で交流をしたいという気持ちから、大学時代は韓国語を専攻し、日韓交流の団体で活動する。現在は、国際交流や韓国語に関わる仕事などをしながら生きている。趣味は手芸。

関連記事

ランキング