尹錫悦次期大統領の就任式、岸田首相は出席見送り=韓国ネット「親書まで持って行ったのに…」

Record Korea    2022年5月2日(月) 19時20分

拡大

10日に開かれる尹錫悦次期大統領の就任式に、岸田文雄首相が出席を見送ることが分かった。写真は首相官邸ホームページより。

10日に開かれる尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領の就任式に、岸田文雄首相が出席を見送ることが分かった。5月2日、韓国・ソウル新聞が報じた。

記事はNHKの報道内容を紹介。それによると、岸田首相は自らの出席を見送り、林芳正外相を中心に代わりの官僚を派遣する方向で調整を進めているという。NHKは「就任式への自身の出席を見送ることで、関係改善には太平洋戦争中の『徴用』をめぐる問題などの懸案を解決する必要があるという立場を明確にしておく一方、重要閣僚の派遣により、新政権の今後の対応に期待する姿勢も示すねらいがあるとみられる」と伝えている。

ソウル新聞の記事は、「林外相は岸田首相の最側近で、韓国に友好的な立場とされる」とし、「次期首相候補として名が挙がっており、尹次期大統領が派遣した日韓政策協議代表団とも会談や食事を行い、日韓関係改善の必要性に共感を示している」と説明。しかし政策協議代表団は岸田首相の出席を期待していたもようで、団長のチョン・ジンソク国会副議長は岸田首相の就任式参加について「首脳が就任式に参加するかどうかはその国自身が決定することだが、世界各国のどの首脳であれ、就任式に参加する意向があれば最大限の礼儀を持って迎える」と語っていた。

日本政府はこれまで、就任式を略式で行った文在寅(ムン・ジェイン)大統領を除き、韓国の大統領の就任時には首相クラスの官僚を派遣してきた。金大中(キム・デジュン)元大統領の就任式には中曽根康弘元首相、竹下登元首相が出席し、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の就任式には当時現職だった小泉純一郎元首相、福田康夫元首相がそれぞれ出席した。また朴槿恵(パク・クネ)前大統領の時は、麻生太郎元首相と森喜朗元首相、福田元首相が就任式に参加していた。

韓国のネットユーザーからは、「長官程度ならいいと思ってるのか?」「屈辱だな」「ここまで日本にへつらう外交をする必要が?」「日本のことは戦略的な対象だと捉えるべき。感情だけでは対抗できない」「参席してくれと親書まで持って、税金をはたいて日本まで行ったのに、結局外務大臣?」「もう日本からは来なくていいよ」など、反発の声が相次いでいる。(翻訳・編集/丸山

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携