Record China

ヘッドライン:

翼竜研究に大発見、化石40体と卵の化石5個見つかる=「天山ハミ翼竜」と命名―新疆ウイグル自治区

配信日時:2014年6月9日(月) 12時30分
拡大
6日、新疆ウイグル自治区ハミ地区は世界最大の翼竜の化石の集積地。このほど新たに40体もの翼竜の化石と卵の化石5個が見つかった。
(1/3枚)

2014年6月6日、台湾メディアETtodayによると、新疆ウイグル自治区の「天山ハミ翼竜」発掘現場で卵の化石が発見された。

その他の写真

新疆ウイグル自治区ハミ地区は世界最大の翼竜の化石の集積地。このほど新たに40体もの翼竜の化石と卵の化石5個が見つかった。すべて同一種で「天山ハミ翼竜」(Hamipterus tianshanensis)と命名された。

ある外国人専門家は、この発見を「200年にわたる翼竜研究の中でも最も驚くべきもの」と評している。中でも注目は卵の化石だ。保存の状態がよく、立体の形で見つかっている。これまでに翼竜の卵の化石は4個(うち3個が中国、1個がアルゼンチン)発見されているが、今回ほど状態のよいものはなかった。翼竜の繁殖行為や生態などについて新たな知見が得られる重要な化石資料だという。(翻訳・編集/KT)

関連記事

翼竜の水中捕食時の足跡を発見、中国で初めて―甘粛省臨夏回族自治州

30日、甘粛省にある劉家峡恐竜国家地質公園内の恐竜の足跡の化石について、中国を含む各国の生物学者8人が全面的な科学調査を行った結果、中国では初の発見となる翼竜が泳いで餌を探した際の足跡が見つかったことが明らかとなった。写真は劉家峡恐竜国家地質公園。

Record China
2013年10月1日 13時46分
続きを読む

ランキング