中国代表がおかしな練習?嘲笑動画がネットで拡散―中国メディア

Record China    2022年4月27日(水) 15時20分

拡大

26日、観察者網は、サッカー中国代表のトレーニングレベルの低さをやゆする動画が中国のネット上で拡散し、現役選手が怒りを示したことを報じた。

2022年4月26日、観察者網は、サッカー中国代表のトレーニングレベルの低さをやゆする動画が中国のネット上で拡散し、現役選手が怒りを示したことを報じた。

記事は、今月に入って微博などさまざまな中国国内SNS上にサッカー中国代表のトレーニング動画が掲載され、拡散していると紹介。動画には複数のパターンがあるものの、選手たちが軽くジャンプしたり体重移動の練習をしたり、ボールを手で回したりといった非常に簡単そうなトレーニングの様子に、ふざけたようなBGMと「中国代表の邪悪なトレーニング」などのタイトルを付すといった点で共通していることを伝えた。また、トレーニングをしている選手らの表情もやる気がなさそうに見え、動画を見たネットユーザーからはたちまた中国代表のふがいなさを指摘するコメントが続々と寄せられたとしている。

その上で、現役の中国代表選手である張玉寧(ジャン・ユーニン)がこの騒ぎに反応し、SNS上で「ウォーミングアップの動画を切り取り、真相をよく知らない人をあおり立て、われわれを好き勝手に嘲笑する奴らは、一体どれだけ無知なのか」と怒気混じりの書き込みを行ったと紹介。また、中国代表選手が「ナマコを毎日食べている」と語り、ネット上で「弱いくせに待遇が良すぎる」などと批判を浴びたことにも言及し、「自分も毎日ナマコを食べている。文句がある人は、実際に会ってでも説明するから言ってくれ」と回答したことを伝えた。

記事は、張のレスポンスについて「中国サッカーのために良い世論環境をつくるべきだ」とし、支持する意見が見られる一方で、多くのネットユーザーが「競技スポーツをやっている以上、試合に勝つことがSNSで他人の主張を否定するよりよっぽど有用だ」など冷ややかな反応を示したと紹介している。(翻訳・編集/川尻

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携