羽生結弦、仙台観光アンバサダーやっぱり継続=中国ファン歓喜「コロナが収まったら飛んで行きます」

Record China    2022年4月26日(火) 17時20分

拡大

フィギュアスケートの羽生結弦が仙台観光アンバサダーを継続することが分かり、中国のファンからも歓声が上がっている。

フィギュアスケートの羽生結弦が仙台観光アンバサダーを継続することが分かり、中国のファンからも歓声が上がっている。

仙台市は26日、羽生に第5期仙台観光アンバサダーを委嘱したことを発表した。期間は2022年4月26日から2024年4月25日。同アンバサダーは市の魅力を広く国内外に紹介し、市のイメージアップおよび観光振興を図ることを目的に2011年3月に設置された。羽生は2014年4月から担当しており、今回で5期目。現在は羽生のほか、元卓球選手の福原愛さん、お笑い芸人のサンドウィッチマンの3組が委嘱されている。

羽生の仙台観光アンバサダーをめぐっては、一部週刊誌が「今後はサンドウィッチマンを軸にと報じられており、仙台駅の観光情報センターでは、サンドウィッチマンのパネルが大きく設置され、羽生選手のパネルは端のほうへ」「北京五輪を区切りに観光アンバサダーをやめてしまうのか」などとも報じていたが、めでたく継続が決まった。

中国で絶大な人気を誇る羽生。出身地の仙台市もファンの間ではよく知られている。今回の第5期観光アンバサダー委嘱を受け、中国のファンからは「やったー、すごい」「よかった!羽生くんがアンバサダー継続してくれて」「さすが優秀なユヅ」「アンバサダーと記念撮影は可能ですか?」「ユヅ、私が仙台に行くの待っててね!」といった声が上がった。

また、「すごく行きたい」「仙台ラブです」「一生に一度は必ず仙台へ」「みんな、仙台でいっぱいお金を使おう」といった声や、「いつになったら仙台に行けるのかしら」「コロナが収まったら飛んで行きます」「コロナが収束したら仙台に行きたいって人、どれだけいるだろうね」など、コロナの早期収束を願う声も多く寄せられた。(翻訳・編集/北田

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携