高速鉄道のすれ違い相対速度870キロはどんな感じ?―中国メディア

人民網日本語版    2022年4月25日(月) 13時50分

拡大

中国が独自に研究開発し、世界をリードする新型高速鉄道車両「復興号」の高速総合検測車が線路上を走行した。

中国が独自に研究開発し、世界をリードする新型高速鉄道車両「復興号」の高速総合検測車が線路上を走行した。21日に山東省済南市から河南省鄭州市までを結ぶ高速鉄道の河南省濮陽から鄭州までの区間で、線路上を単独車両で走行する時速435キロ、列車がすれ違う際の相対速度は時速870キロを実現し、高速鉄道車両の線路上とトンネルですれ違う際の相対速度の世界記録を更新した。中国新聞網が伝えた。

中国国家鉄路集団有限公司の関係責任者によると、この新型高速鉄道車両「復興号」の高速総合検測車は中国が独自に研究開発したエディ・カレント・ブレーキ、カーボンセラミック・ブレーキディスク、永久磁石牽引システム、アクティブコントロールパンタグラフなど9件の新技術を採用し、4両の動力車と4両の客貨車による8両編成となっており、高速鉄道の安全性と信頼性、効率性、経済性を強化し、全体の性能を世界トップレベルにまで高め、中国における複数の技術的な「空白」を埋めている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携