充電器なしiPhoneにブラジルで賠償命令、中国でも注目=「料理に箸を出さないようなもの」

Record China    2022年4月21日(木) 17時20分

拡大

iPhoneに充電アダプタを同梱しなかった米アップル社に対し、ブラジルの裁判所が賠償金の支払いを命じる判決を下したことが、中国でも大きな注目を集めている。

iPhoneに充電アダプタを同梱(どうこん)しなかった米アップル社に対し、ブラジルの裁判所が賠償金の支払いを命じる判決を下したことが、中国でも大きな注目を集めている。

報道によると、ブラジル・ゴイアニア市の裁判所はこのほど、充電アダプタを同梱しなかったアップル社は消費者保護法に違反したとして、購入者1人当たり5000ブラジルレアル(約14万円)の賠償金の支払うべきとの判決を下した。

中国メディアの鳳凰網科技は「ブラジルの消費者保護法では、スマートフォンなどに充電器を付属しなければならないとされており、単体での販売も可能だが、(売り手が)それを強制してはならないとされている」と説明した。

アップル社は充電アダプタの同梱をやめた理由について、環境負荷の低減やすでに相当数のアダプタが出回っていることを挙げているが、ブラジルでは政府が当初からアップル社の対応に批判的な見方を示してきたという。

中国でも昨年、同じ理由で大学生がアップル社を訴える裁判を起こしていたこともあり、関心が高まっている。SNS・微博(ウェイボー)では21日正午現在、「アップルが充電器を同梱せず、ブラジルの裁判所に賠償金の支払い命じられる」がトレンド1位に浮上した。

ネットユーザーからは「中国の消費者も立ち上がるべきだ」「スマホに充電アダプタを付属しないのは、料理に箸を出さないようなものだ」との声や「イヤホンや充電アダプタを同梱しないのは良いが、それならもう少し価格を抑えてほしい」との声がある一方、「大声で泣く赤ちゃんほどミルクをもらえるって感じだな」「中国でもアップルを批判したり、訴えたりする人がいたけど、ポイントは法律に照らしてどうかというところだな」との声も寄せられている。(翻訳・編集/北田

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携